ベーシストFX手法研究家が教える手法の正しい弾き方 https://fxshuhou.com 勝てる手法とその考え方が学べるよ。やり過ぎてごめんね。 Wed, 15 Jul 2020 06:12:50 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.4.2 https://fxshuhou.com/wp-content/uploads/2020/01/cropped-9B11A6F7-020B-4C43-B5B2-3A5513853D21-32x32.jpeg ベーシストFX手法研究家が教える手法の正しい弾き方 https://fxshuhou.com 32 32 レンジ相場ではどう戦えばいい? https://fxshuhou.com/howtofight-therange/ https://fxshuhou.com/howtofight-therange/#respond Wed, 15 Jul 2020 06:09:23 +0000 https://fxshuhou.com/?p=4189
この記事に書いてあること

・レンジ相場でトレードする時の注意点
・レンジ相場のエントリー方法

この記事で解決できること

・レンジの認識が良く分からない
・レンジでは良く負ける
・往復ビンタされる
・利益を積み上げたのにトレンドの発生で全部飛ばす

この記事ではレンジ相場でトレードする場合に気をつける事やエントリーのタイミングについてまとめています。

  • レンジ相場で勝てない方
  • 利益を上げていたのにトレンドの発生時に負ける方
  • 勝ったり負けたりで利益が残らない方

といった方々は是非読み進めて下さいね。

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

レンジの認識について

まずは次のチャートを見て下さい。

↓↓

日足

↓↓

4時間足で見ると

↓↓

1時間足で見ると

↓↓

15分足で見ると

これらのチャートでどこをレンジと見ますか?

もう1回、各時間足で見ます。

↓↓

日足

↓↓

4時間足

↓↓

1時間足

↓↓

15分足

このように、1つの時間足のチャートしか見なくても

ある程度は『他の時間足でのレンジの認識』がどうなっているのか?

を読み取る事が出来ます。

ただ、各時間のレンジの認識が出来てもトレードに使えなければ利益は得られませんね。

続いて、

レンジ相場でのエントリーを狙う場所やタイミングについて書いていきます。

エントリーを狙っていく場所は?

↓↓

今回は1時間足チャートで見ていきます。

1時間足がダウ理論で上目線の状態で、

  • 1時間足レンジ下限で反発
  • 15分足のレンジでも下限で反発
  • さらに5分足もレンジ下限で反発

こうなってくると、レンジの下限(サポートライン)が強く、再上昇すると判断する方が良い。

この状態で5分足レンジ上方向ブレイクでエントリーしていく。

ただし、15分足のレンジ上限がすぐ近くにあるので、そこでの反発も意識しておくべきですが、

上位足の目線は上です。

なので、15分足のレンジ上限で何度か反発しても、

サポートライン(各時間足のレンジ下限が揃っているライン)を下抜けない限り上へ行く可能性が非常に高くなる場所です。

レンジ相場の時にいつ逆行するんだろう?ってびくびくしながらポジションを持ち続る必要はありません。

上位足の方向に沿っているなら気にせず持ち続ければ大丈夫です。

少しエントリーポイントが悪くても、方向が合っていれば相場が助けてくれるので。

どんな時でも、

上位足の方向を必ず考えて、その方向へ向きが揃う所を狙う習慣を付けて下さい。

トレンドだろうがレンジだろうが、狙い方は同じです。

目先のお金ばかりに目をやらず、本質を理解して考え方を学んでいきましょう!!

参考になれば応援をお願いします。バナーを押すだけで大丈夫です。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村
]]>
https://fxshuhou.com/howtofight-therange/feed/ 0
【炎上覚悟!】最短で1000万円を稼ぐ為の唯一の方法。今持てる全てをここに! https://fxshuhou.com/insane-bollingerband-technique-consulting/ https://fxshuhou.com/insane-bollingerband-technique-consulting/#respond Sun, 21 Jun 2020 00:23:29 +0000 https://fxshuhou.com/?p=4011

「FXで稼いでやる!」

そんな思いで始めたけど、実際どうですか?

  • 勝てる気が全くしない。
  • やればやる程分からなくなってきた。
  • 勝てる時もあるけど欲が出て一気にマイナス!
  • 勝率は悪くないけど口座は増えない。
  • 感情をコントロール出来ない。
  • 上手く行く時と行かない時の違いが分からない。
  • 今のやり方が間違ってるのかな?
  • トレードがブレブレ。
  • 伸び悩んでる。

そんな悩みはありませんか?

僕自身は、

  • 勉強すればする程分からなくなっていた
  • 勝てそうな方法を探す事に必死になっていた。
  • たくさんの情報を集めまくった。
  • 勝ててそうな人に連絡しまくった。
  • 少しずつ勝率が上がってきたけど資産は増えない。

といった風に、相場と向き合うのでは無く、

目の前の「簡単に稼げそうな方法」ばかりを追い求めていました。

『本当に最短で稼ぎたいなら』

FX初心者があまり重要視していない

『資金管理』

を徹底し、

『増やす事よりも減らさない事』

に意識を注いで、

相場の本質を理解しながら経験を正しく積み重ね、自分だけのトレードスタイルを構築する必要があります。

トレードは、学んで行く程

「自分のスタイルが見つからない」

「このスタイルってそもそも合ってるの?」

「分かってるのにドカンをくらう」

といった悩みが必ず出てきます。

『やっぱり自分には無理なのかな?』、『結果はすぐに出せないのかな。』

そういった悩みを解決し、マジで最短で結果を出し勝ちトレーダーへの道を歩んでいくお手伝いをするために、

僕が実際に稼ぎ続けている

『非常識なボリンジャーバンド手法』

さらにトレード精度を格段に上げる方法である、ライントレードについてまとめた

『裁量トレードのススメ』

この2種類のレポート(総ページ数300ページ程度)を提供し、

トレード添削やZOOMによる個別対応によって、今現在の悩みの解決や相場観を養っていく為の

③『個別コンサルティング』

これらを『無料』で提供します。

※後から商材を買わせたり、料金を請求することは絶対にありません。投資業界は怪しい人が多いですが、僕はそんなことする気はありません!!一緒に成長し、トレード仲間として今後ともお付き合いしていければ嬉しく思います^^

この3つを元に、僕のトレードの考え方の全てを出し惜しみなくお伝えします』

僕自身はこれから提供するこの手法と裁量トレードの考え方で、

10万円を4週間で659万円

6週間で920万円

7週目で1028万円

8週間で1190万円を達成。

さらに2020年7月現在も、この手法と裁量トレードによって稼ぎ続けています。

非常識なボリンジャーバンド手法で学べる事
  • 相場の状況、環境認識
  • 伸びる可能性の高い部分の視覚化
  • まだ伸びる余地があるかどうか?
  • 損切りはどこに置くのか?
  • ボリンジャーバンドの±2σでの逆張りで負けまくる理由
  • 相場の勢いの見方
  • 各時間足での動きが見える
  • 自然とマルチタイムフレーム分析が出来る

など、トレードで成績を安定させる為に必要なほとんど全ての内容を含んでいます。

そういった、

『相場の本質を考慮した手法』なので、2020年7月現在も有効に使えていますし今後もずっと使い続けられる可能性が非常に高いです!!

裁量トレードのススメで学べる事
  • エントリーしても良い相場か?
  • 伸びやすい相場かどうか?
  • 注文がどこに集中しているか?
  • 逆行しにくい場所かどうか?
  • 利益をどこまで伸ばせるか?
  • 伸ばし方のコツは?

といった事を学べ、

非常識なボリンジャーバンド手法が通用しにくい相場環境でも、

あなた自身の裁量で稼ぎ続けられる可能性があります!!

伸びる場所や逆行しにくい場所の判断が出来ればトレード精度が上がり、勝率が上がればメンタルへの負担も軽減出来ます。

個別コンサルティングで学べる事
  • トレード添削により間違った捉え方を修正出来る。
  • 相場の本質に沿ったトレードスタイルを作る事が出来る。
  • 相場観を養いあなた自身で相場の先を考えられるようになる。
  • トレードシナリオを作成出来るようになる。
  • リスクの正しい把握が出来るようになる。
  • 基本的なチャートの見方
  • 様々な環境認識の方法
  • リアルチャートで意識されてくる水平線の引き方
  • 狙う方向の決め方
  • トレンドラインの引き方、引き直し方
  • インジケーターの使い方や自分に合った設定期間
  • オシレーターを使う場合の注意点
  • マルチタイムフレーム分析のやり方
  • チャートパターンの使い方
  • ブレイクアウトの本当のエントリーのタイミング
  • グランビルの法則のダマシを減らす方法
  • 何をもって「反発した!」とするか?
  • トレードに根拠を持てる。
  • 決済に根拠を持てる。
  • 一貫性のあるトレードが出来る。

といった事を学べ、間違った情報に踊らされず、正しい方向へと導くことが出来ます。

無料だから悪い。有料だから良い。そんな事ばかり考えている間は成長なんてしない。

3ヶ月で30万円。半年で100万円。2日で50万円。LINEやメールのやり取りだけで50万円。そういったものを「受けたら勝てる」って思ってますか?

無料であっても僕自身を信じてついて来てくれたなら、結果を出して自由を掴んで欲しい!

だけどSNSやネット上には情報が溢れ過ぎて、

  • トレードをしたことが無いような商材屋
  • 勝っている風な情報発信者
  • 基礎知識の間違った発信

など、何を信じれば良いか分からなくなっている現状があります。

よく、『本当に勝ってるトレーダーはわざわざ人に教えないよね?』って言ってる方がいますがそれは大きな間違い。

自分自身が勝てるようになるまで悩みまくって、ようやく結果が出るようになった。

そこまでやったからこそ、僕と同じように

「稼ぐ」っていう目的を持っているけど今も悩みまくっている。でも相場とは「真剣」に向き合っている。

そんな人たちと一緒にトレードスキルや生き方を磨きたい!って思うのはおかしい事かな?

人に教える事で自分のトレードスキルも磨かれ、教わる人もトレードが改善する。

同じ目的を持った仲間を持てばモチベーションが上がり、さらにトレードにのめり込める。

トレードについて語り合い、トレードを好きになれば確実に成長出来る。

だからこそ僕はそういう環境を作り、人に教えるって決めた!!

本物かどうか?みたいな事が気になる事はあると思うけど、そんなのは自分で言う事じゃない。見てれば分かるから。

Kouの実績

最初は溢れかえっている情報を鵜呑みにし、いきなりリアルトレードを始めたことで口座を飛ばしました。正直、「お金がなくなる。」という感覚が一切なかったのでマジでショックでした。

それから一般的に出回っている情報は一切信じず、自分自身の力で寝る時間以外はチャートと向き合いました。

様々なインジケーターやロジックを自分で検証し、デモ・リアルトレードを繰り返し、経験を積み重ねる事で今のトレードスタイルを確立。

裁量とロジックに基づいたトレードを突き詰め1万円を半年かけて330万円まで増やしたり、10万円を8週間で1190万円まで増やしたりしています。

2020年6月現在も環境認識に時間をかけ、自分の分かる所だけトレードをする事で安定した収益を上げています。

https://twitter.com/BassistFX_Kou/status/1272663114811502593?s=20

手法は2020年2月25日からの10万円チャレンジでも使用し、4月9日までの約7週間で1000万円越えを達成しました。8週目には1190万まで増えて、2020年6月現在も安定して稼いでいます!

10万円チャレンジの記事はこちらから。

物凄く上手い人は勝率80%~90%辺りで成績が安定している人もいますが、ごく一部の人だけです。

僕はそんな人と比べると全然上手くはありませんし、無駄なエントリーをすることもあります

でも週単位では負けず、安定した成績を出すおかげで資産を順調に増やし続けられています。

僕のこれまでの経験から

「やればできる」みたいに甘いことを言うつもりはありませんが、必要な事を明確にし『やるべきこと』をやり続ければ結果は出せます。

そのための具体的なアドバイスもしていきますね^^

非常識なボリンジャーバンド手法&裁量トレードのススメについて

-どんな手法?

この手法はボリンジャーバンドを使った手法で、比較的大きな値幅を取るものです。

価格の伸びる可能性の高い所が見た目で簡単に分かるので、

  • スキャルピングをしている人
  • デイトレードがメインの人
  • スイングしかしない人

どのトレードスタイルの人でも問題なく使用できます!

ネットに出回っている、

  • ゴールデンクロスで買う
  • デッドクロスしたから売る
  • オシレーターが反転したからエントリー
  • ダブルトップが出たからネックライン割れで売る
  • ナンピンを繰り返す

といった、リスク管理を無視した

いずれ破産するような手法』や『実際にトレードした事が無い人が考えた相場の流れを無視した手法』とは比べるまでもありません。

僕の手法は

『相場の流れを考慮し』、『より根拠の強い方にエントリーを繰り返し』、『トータルで資産を増やすものです!』

手法そのものに相場の本質を組み込み、上位足の方向だけを狙えば、勝率が高くリスクリワード比も高いトレードが自然とできます。

今から提供する手法は

安定的にプラス収益を達成し、資金管理も明確で新型コロナウィルスによる大暴落でも口座を飛ばしていません。

この手法は再現性が高く、きちんと手法を理解して使えば、

損失は限定し利益はしっかり伸ばす。』『動くのが分かる所を確実に取る。』

そういったFXの本質に沿ったトレードをあなたも同じように出来ます!

-見るローソク足は1時間足だけ

日足、4時間足、1時間足、15分足、5分足

たくさんの時間足を見て、

マルチタイムフレーム分析をしているつもり

になってませんか?

見る時間足によってチャートの見え方が変わり、

エントリーに自信が持てなくなってませんか?

狙う方向は合っているのに、

損切りに引っかかってから思惑通りの方向に進みませんか?

それは、

トレードの根拠が曖昧だったり、難しいところも全て取ろうとしているからです。

僕が提供する手法なら、

1時間足だけで

  • 環境認識が問題なく出来る
  • 伸びるポイントが分かる。
  • 明確なエントリーポイントが見える。
  • 決済にも根拠を持てる。
  • トレードに迷いがない。

といった事が可能です。

-スマホでOK

複数時間足でマルチタイムフレーム分析が必要ないので、

大画面のモニター、マルチモニターなど必要ありません。

仕事中や外出中などでも、スマホでチャートさえ見えたら、

  • 相場の向かっている方向がわかる。
  • エントリーしても良い相場か、ダメな相場かをパッと見て判断出来る。

-機会損失を減らせる

  • 普段忙しくてトレードする時間が取れない。
  • 夜中しか空き時間がない。
  • せっかくチャートを見えてもエントリーチャンスがほとんどない。
  • チャートを見た時には既に大きく動いた後だった。

っていう方でも大丈夫。

朝やお昼休憩などの空き時間にチャートを見て、

手法に当てはまれば、

指値注文を入れて放置するだけ。

あとは時間とともに利益が伸びます。

-めちゃくちゃシンプル

  • 環境認識
  • ダウを追いかける
  • 目線の決め方
  • 機能する水平線の引き方
  • トレンドラインの引き方

など、分からなくても大丈夫。

見た目で狙う方向、伸びやすい方向がわかる!

相場をシンプルに考えられるので迷いがない!!

-感情に左右されない

トレードで稼ぐために必要な、

優位性の高い所を見つける事自体は特に難しい事じゃない。

でももし、

  • 1度目のトレードで負けたら?
  • 勝っていたのに、最後のトレードで利益が無くなったら?

リアルトレードで負けを経験した人は、自分のトレードに自信が無くなってエントリーする勇気がなくなります。

そうなると、

  • トレードの軸がブレる
  • エントリーしても利益を伸ばせない
  • 損切りを受け入れられない
  • 別のトレード方法を探す

といった悪い流れがやってきて、

『あの時ちゃんとエントリーしていたら』

『このトレード、〇〇万通貨でやってたら〇〇万円稼げてたのに』

といった事を考えてしまいます。

だけど

明確なロジックがあれば、もう感情に左右されない!

安定して勝ち続ける事で自然と資産が増えていきます!!

相場によっては、細かな損切りで勝率が下がる場合もありますが、常にリスクリワードの高いトレードが出来るので、勝率が下がっても利益を残せます。

-手法レポートの目次と内容の一部


●1章 ボリンジャーバンドについて

そもそもボリンジャーバンドって?

●2章 基本的な使い方

2-1 ボリンジャーバンドの特徴

2-2 相場の勢いを見る方法

誰もが知っている事。でもめっちゃ大事な事。

●3章 ボリンジャーバンドのエントリーパターン

3-1 ミドルバンドでエントリー

3-2 エクスパンションでエントリー

3-3 ±1σのエントリー

3-4 逆張りが有効なエントリー

一般的なエントリーのタイミングについて。これを知らないとエントリー出来ない!

●4章 決済方法

4-1 勢いによるもの

4-2 バンドウォークの終了

4-3 ミドルライン割れ

決済はいつするの?それが分かるよ。

●5章 勝率を高める方法

勝率を高めるための考え方。これを知ってるだけでトレードが簡単に!

●6章 リスクリワードを高める方法

資産を増やす為に絶対必要な考え方。

●7章 値幅を根こそぎ取る非常識なボリンジャーバンド手法

7-1 インジケーターの設定

7-2 オシレーターの設定

7-3 こんな簡単でいいの?1時間足だけで環境認識する方法

7-4 機会損失を減らすエントリー方法

7-5 メンタルに左右されず利益を伸ばし続ける方法

7-6 常に収益を残す決済方法

7-7 減らす方が難しい!明確なリスク管理と資産の増え方

7-8 早く稼げるようになるためのアドバイス

ここに手法の全てが!真似してみて。

●8章 元々の使い方

リスクは高くなるけど、短期間で増やす事が可能!

●9章 手法のまとめ(必ず読んで!!)

7章の手法と元々の使い方の違いをまとめたよ。

●10章 最後に

簡単ですが応援メッセージ!


有料で提供されているようなレポートの中には、1〜6章までのような基礎的な内容しか書いていないのに数万円するものもあります!!

でも基礎的な内容なんて、僕にとっては当たり前。

それらの情報を組み合わせて、

実際のリアルトレード使えるレベルにする為にはどうすればいいのか?

それをしっかり書かなければ意味がありません。

このレポートを何度も何度も読めば手法の意味を理解出来て、リアルチャートに当てはめられます!

分からなければ理解出来るまで教えますね^ ^

-「裁量トレードのススメ」の目次と内容の一部

●0章 はじめに

トレードは基本が出来ていればOK!

●1章 そもそもライントレードって?

ラインの種類やラインを引く意味について。

●2章 水平線の引き方

リアルに反応するラインの引き方について。

●3章 トレンドラインについて

トレンドラインの基礎から実用的な方法まで。

4章 チャネルラインって?

チャネルラインの基礎から利益を伸ばす技術について。

5章 ラインは綺麗に止まらない

ラインを帯状に捉えたらトレードが簡単に!

6章 相場に優位性について

勝ちやすい所。負けやすい所。待つ場所が明確に。

7章 注文の集中について

これが分かれば伸びる場所が簡単に分かり勝率がめちゃくちゃ改善します。

8章 エントリーの考え方

エントリーすべき場所、タイミングが分かってくる。

9章 伸びるかどうかの判断

相場環境を知り決済方法を決める。

10章 まとめ

勝ちトレーダーになるための条件を書いてるよ。

-2つのレポートで何が得られる?

  • ボリンジャーバンドの特徴
  • 利益を上げられる相場か?の見極め方
  • 様々なエントリーの方法
  • 逆張りにも使える方法
  • ボリンジャーバンドによる決済の方法
  • トレードにおける勝率の高め方
  • 利益を上げるために絶対必要な事
  • 優位性の高い場所を見つけられる
  • 負けにくい方法
  • 負けても損失を少なくする方法
  • インジケーターの設定期間と理由
  • オシレーターの設定期間と使い方
  • 環境認識の方法
  • 機会損失を減らす方法
  • 明確なエントリータイミング
  • 明確な損切り位置
  • メンタルに左右されない
  • ほぼ確実に利益を残す方法
  • 明確なリスク管理の方法
  • スキャルピングで稼ぐ方法
  • デイトレードで利益を伸ばす方法
  • 自分の力で稼ぐスキル
  • 3万時間以上のチャート分析による手法の資産の増え方
  • 600トレード以上の結果一覧
  • 実エントリーの根拠
  • 今よりもリアルチャートの見え方が良くなり稼げる可能性が格段に上がる
  • トレードにおける考え方
  • 相場の本質
  • 相場の捉え方
  • 勝率が高くなる場所でトレードが出来る

など、今後のトレードスタイルを確立していく為の情報が盛りだくさんです。

-コンサルティングについて

  • LINEによる24時間体制での質疑応答やトレード添削(LINEに抵抗があるならTwitterのDM等でもOK。連絡さえ取れれば大丈夫です。)
  • オンラインミーティングアプリのZOOMを使いFXのオンライン講習(その時々の悩みをその場で解決。)

出来る限り具体的にトレード添削や質疑応答をすることで

  • 相場観が正しいか?
  • トレードで狙っている波はどこか?
  • あなたのトレードスタイルは?
  • そもそものルールは正しいのか?
  • エントリーは早すぎないか?
  • 損切位置が正しいか?
  • 決済位置は正しいか?
  • 資金管理は出来ているか?

といった事を理解していただきます。

ZOOMによるオンライン講習では

  • 悩みの解決策が分からない。
  • 水平線はどう引くのか?
  • トレンドラインはどう引くのか?
  • インジケーターはどう使うのか?
  • オシレーターはどう使うのか?
  • 環境認識はどのようにすれば良いか?
  • リスクリワードの高い場所はどういった所か?
  • エントリーはどのように考えていくべきか?

といった『基本的な事』を『実践で使えるレベル』まで腑に落とす事で、難しい事が出来るトレーダーではなく、

分かるところを確実に取っていけるトレーダーになっていただきます!

-他のコンサルティングと何が違う?

一般的なコンサルティングは、

  • 個人の悩みは気にしない。
  • 会員サイトにコンテンツがあり自分で学習させる。
  • 質問に答えない。
  • 答えても返事が遅い。
  • 3ヶ月や半年という期間限定のものが多い。
  • 高額(3ヶ月や半年で50万円など)。
  • 中には2日間限定のセミナーで30万円~60万円のものもある。
  • 期間終了後のアフターフォローがない。
  • あとから追加料金が必要な場合もある。

など、

高いお金を出しても個人とは向き合おうとせず、

成果がなかなか出なければ、「努力が足りないんでしょ?」とまで言うものもあります。

僕のコンサルティングは、

  • マンツーマン形式で個々の悩みを理解し、出来る限り具体的な解決策を提案できる
  • トレード添削や質問を通じて最短で結果を出せるようにアドバイスし学習意欲を促す。
  • 理解できない部分を出来る限り少なくする。
  • 得意な方法が見つかる。
  • 返事は24時間以内にする。
  • 無期限で受けられる。
  • トレードスタイルを確立できる。
  • 勝てるようになった後でも、もしスランプになれば悩みの解決に協力する。
  • ずっと、ずーっと無料。

など、他ではやっていない事を全てやってみせます!!

今の世の中は様々な情報が出回り過ぎて、何が正しいのか分からない時代。そんな中で自分では情報を整理出来ない。

やっと良いものを見つけたと思っても、もしダメならどうしよう。って疑ってしまう。

情報提供者はたくさんいるけど、商材を売りつけて知らんフリ。

連絡が来ても返す必要ないから無視。

実際多いです!!

でも、僕はそんな事しません。

『勝ちたい!』、『稼ぎたい!』

って考えて、

僕のコンテンツに興味を持ってくれたあなたに対して、

『資料は渡したでしょ?あとは自分で頑張って。』

なんて無責任なことは絶対言わない。

FXや投資のコンサルティングは怪しいし、実際に利用者をひどく扱う人もいます。(経験済み)

だからこそ僕は、無料で良いものを提供すると決めました!

当時の僕と同じように悩んでいるあなたに勝てるようになって欲しい。稼いで自由な生活を送って欲しい。

本気でそう思うし、自分のやっていることに自信があるから、

僕のトレードの考え方で分からない事があれば理解できるまで教えます。

僕自身がたくさん失敗をしてきたからこそ、『勝てていない人の特徴』が分かります。

真剣に向き合い、あなたにとって最善の方法で、最短で結果を出せるようにアドバイスさせていただきます!!

将来の資産形成の手助けになれば幸いです^^

約束して欲しい事

僕自身FXで資産を一度失ってから、ようやく学習に取り組むようになりました。

FXで勝てるようになる為に休みの時間、食事の時間、寝る時間などを使って、必死に学習に取り組んできました。

本気で相場に向き合い、トレードに取り組んだからこそ今の手法を確立する事が出来ました。

だから、必死に学習すると決めたあなたから

お金は頂きません。

無料で提供する代わりに約束して欲しい事があります。

『必死に学びあなたの未来を変えて下さい』

今までの生活は、必死に働いて毎月同じようなお金をもらって、節約して貯金する。

貯金してたまに旅行したり、普段より良いものを買ったりする。

多くの人がそういった状況だと思います。

だけど、『非常識なボリンジャーバンド手法』、『裁量のススメ』、『個別コンサルティング』によって、

人から給料を貰うんじゃ無くて、

自分自身でお金を稼ぐ為に必要な力を身に付けられる。

僕の手法は、FX初心者の方でも

きちんと真似すれば稼げるような相場の本質を掴んだシンプルなものです。

シンプルだけど、あなたの未来のお金に大きく影響します。

””それだけ非常識な内容だからこそ、次のような人には提供しません。””

  • 約束を守れない人
  • すぐ人のせいにする人
  • 自分自身を変える気がない人
  • 何でも人任せな人
  • ありがとうと言えない人
  • 人の為に何もしない人
  • 情報の転売目的の人
  • 言い訳ばかりする人
  • 今の環境に満足している人
  • 一発で億万長者になれると考えている方
  • 結果だけを求める方

自分の未来を変える為なのに、行動しない人には僕も協力する気はありません。

でも、

『あなたが努力を惜しまないなら全力でサポートします!

こういった理由から、「無料で提供するけど簡単な条件を付けて」提供します。

僕に価値を感じ未来を変えたいあなたなら、簡単にクリア出来ると確信しています。

提供方法

提供方法はすっごい簡単。

提供方法

僕がFXを始めた時からメインで使っているFX口座である
iFOREXの口座開設&一定量の取引』
でご提供します。

※(MT4じゃないけどスプレッドがかなり狭く、損切や利益確定時の金額が表示されるのでリスク管理しやすい。レバレッジ400倍で口座残高によってレバレッジ制限がかからない!当然、入金ボーナスも100%分付きます。)

提供時の注意点

※一定量の取引は「5回以上のトレードを行い、合計5万通貨以上」の取引になります。

※初回入金額10万円以上の方に限りご提供します。

※口座の維持費や、口座開設に料金は一切かかりません! (後から高額商材を買わせたり、料金を請求することも絶対にありません。投資業界は怪しい人が多い業界ですが僕はそんなことする気はありません!!一緒に成長し、トレード仲間として今後ともお付き合いしていければ嬉しいです^^ )

※レポート提供とコンサルティングは『レポート提供+コンサルティング用のLINE公式アカウント( ベーシストFX手法研究家@手法&コンサル )』で行いますので、ご登録ください。(LINEが嫌な場合はTwitterからDMを送っていただいてもOKです。)

FXでトレードする為には口座が必要です。

すでにトレードしている人なら、普段通りトレードをするだけで『僕のトレードの全てをお伝えします!

迷う時間は無いはずですよ。

(当ページのリンクから開設しないと特典を受けられません。ご注意下さい。)

FX取引用口座開設

↓↓

-iFOREX

-レポート申請方法

iFOREXの口座開設+5回以上で合計5万通貨以上の取引』を行った時点で

レポート提供+コンサルティング用のLINE公式アカウント( ベーシストFX手法研究家@手法&コンサル )

『友だち追加』しメッセージを送って下さい。

(LINEが嫌な場合はTwitterからDMを送っていただいてもOKです。)

条件が達成できているか確認が取れたら24時間以内にレポートをプレゼントします!!

※初回入金額10万円以上の方に限りご提供します。

受け取れるもの

ここまで長々読んでくれてありがとうございます!!

iFOREX口座開設+5回以上で合計5万通貨以上の取引』を行った時点で

2020年7月現在も稼ぎ続けている

”値幅を根こそぎ取る非常識なボリンジャーバンド手法” のレポート提供

提供手法の精度をアップさせる為に必要な裁量トレーダーとしての知識が学べる、
”裁量トレードのススメ”のレポート提供

僕の相場観を全てお伝えする
”個別コンサルティング”
を受けていただきます。

トレードで悩みがあるなら、変な癖や考え方を付ける前に解決しておきましょうね^^

※初回入金額10万円以上の方に限りご提供します。

-申請手順

1.『口座開設』

-2.『10万円以上の入金』(初回入金100%ボーナスが付きます。)

3.『5回以上で合計5万通貨以上の取引』後にオリジナルレポート申請

こんな人におすすめ

  • FX初心者の人
  • 水平線の引き方が分からない人
  • ボリンジャーバンドの勝てる使い方を知りたい人
  • オシレーターの本当の使い方を知りたい人
  • 勝てるようになりたい人
  • あと少しで勝てそうなのにきっかけを掴めない人
  • 自動売買で負けている人
  • 少しずつ勝てるようになったけど、資産が増えない人
  • 自分のトレードスタイルを見つけたい人
  • コツコツドカンで資産を減らした人
  • 真似すれば勝てる方法を知りたい人
  • 手法の大切さを知りたい人
  • 裁量トレードを行っている人
  • スキャルピングがメインの人
  • デイトレードがメインの人
  • スイングトレードがメインの人
  • リスクリワードを改善したい人
  • ファンダメンタルズ分析より、テクニカル分析派の人
  • 相場の本質をもっと理解したい人
  • FXはギャンブルではなくビジネスとして考えられる方
  • 未来の自分を変えたい人
  • 自力で稼ぐ力を身に付けたい人
  • 自分の変化を恐れない人
  • 将来を想像したらワクワクが止まらない人
  • 稼げるようになったら、周りの人に何かしてあげられる方

など、全くの初心者~勝ちトレーダーの手前にいる方全員におすすめです。

『稼ぎたい!』、『今を変えたい!』

という気持ちを持ち、

しっかり行動出来る方なら絶対に変われます!

おすすめできないタイプの人

  • 約束を守れない方
  • 自分自身を変える気がない方
  • 何でも人任せな方
  • ありがとうと言えない方
  • 人の為に何もしない方
  • すぐに時間が無いと言う方
  • 今の環境に満足している方
  • 一発で億万長者になれると考えている方
  • 結果だけを求める方

といった、

言い訳をして行動しないタイプの人には僕も協力する気はありません。

きつい言い方ですが、そもそもそんな人は現状を変えられません。

ですが、

努力を惜しまないなら全力でのサポートをお約束します!!

よくある質問

-Q : 絶対稼げますか?

A : 投資である以上100%ではありません。リスクを十分に理解し自己責任で行って下さい。

ただ、 現在の相場観やトレード精度を改善させる自信は100%です。あなたの未来を変える為のお手伝いが出来るはずです。

-Q : FX初心者でも大丈夫ですか?

A : FX初心者の方でも全く問題ありません。逆に変な癖が付く前に正しい方向に進めるメリットが大きいです。

Q : オリジナル手法、裁量のススメのレポート、コンサルティングはどのように受けられますか?

A : 流れは

  1. 当ページから、iFOREXの「口座開設+一定量取引」
  2. 管理人にLINEで申請(ベーシストFX手法研究家@手法&コンサル
    (LINEが嫌な場合はTwitterからDMを送っていただいてもOKです。)
  3. レポート提供&コンサルティング開始。

となります。

注意点として、

※初回入金額10万円以上の方に限りご提供します。

-Q : 口座開設、維持費はかかりますか?

A : 一切かかりません。

-Q : 一定の取引量ってどれだけですか?

A:5回以上で合計5万通貨以上です。(例:1回10000通貨で5回トレード、1回5000通貨で10回トレード、1回1000通貨で50回トレードなど)

5万通貨はドル円なら1円動いた時に5万円の利益や損失が出る取引量です。

-Q : どうしてもレポートとコンサルティングを受けたいのですが初回10万円以上の入金が出来ません。ダメですか?

A:皆さん同じ条件でお受けいただいていますので、申し訳ありません。

ただし、条件付きでも良ければ検討いたします。1度管理人にLINE(ベーシストFX手法研究家@手法&コンサル もしくはTwitterから直接ご連絡ください。)

-Q : 海外のFX口座だから危なくないですか?

A : ご安心下さい。実際に僕が使っているFX会社で安全性は問題ありません。

むしろ、国内のFX会社よりトレードの透明性が高く信頼できますし、少ない投資費用で稼ぐ為には、ある程度のレバレッジをかけられる方が運用効率が高く、短期間に増やせるのでおすすめです。

-Q : 住所や電話番号を海外表記しなければならないので良く分かりません。

A : 君に届け!JuDressに日本語で住所入力をすると変換してくれるのでご利用下さい。電話番号は、最初の数字を無くして+81を付けます。例えば090-1234-5678の場合だと、+8190-1234-5678となります。

1000万円稼ぐのはあくまで通過点!

あなたが未来を変える努力を惜しまないなら、僕も全力で協力します!!

分からない事、困ったことがあればどんどんご質問ください!

少しでもトレードで悩みがあるのなら、

やるか?

それとも

今すぐやるか?

この二択しかないはずですよ!!

今もトレードでの悩みがあるなら今すぐ行動しましょう!

正しく行動を起こせば必ず変わります!!

↓↓

「非常識なボリンジャーバンド手法レポート」&「裁量トレードのススメ」&「個別コンサルティング」を今すぐ受けるなら

↓↓

1. iFOREXの口座開設はこちらから

2. 5回以上合計5万通貨以上を取引した後に手法提供&コンサルティング用LINEにて申請。(※初回入金額10万円以上の方に限りご提供します。

3. ”全レポート提供”&”個別コンサルティング”を開始します。

※後から高額商材を買わせたり、料金を請求することはありません。確かに怪しい方はたくさんいますが、僕はそんなことする気はありません!!一緒にトレーダーとして成長し、トレード仲間として今後ともお付き合いしていければ嬉しく思います^^

お待ちしていますね^ ^

あなたの未来を変えるのは、今のあなたの行動しかありませんよ。

Kou

]]>
https://fxshuhou.com/insane-bollingerband-technique-consulting/feed/ 0
FX相場で移動平均線の乖離を使ったトレードって勝てるの?どうトレードに使えばいいの? https://fxshuhou.com/ma-divergence/ https://fxshuhou.com/ma-divergence/#respond Sun, 21 Jun 2020 00:12:42 +0000 https://fxshuhou.com/?p=4013
この記事に書いてあること

移動平均線の乖離を利用するトレードとは?
乖離のトレードが難しい理由。
乖離を使う際に気を付ける事。

この記事で解決できること

移動平均線の乖離によるトレードでの精度の上げ方。
リスク管理の重要性。

この記事では、移動平均線とローソク足との『乖離』を使ったトレードの際に気を付ける事をまとめています。

移動平均線から離れるとまた戻る。という習性を利用したトレードですが、正しく使わないと危険です。

  • 移動平均線を使ったトレードをしている方。
  • トレンドに乗り遅れたからといって、安易に伸び切った所で逆張りをする方。
  • 乖離を使ったトレードで勝てていない方。

などはしっかり読み進めて下さいね。

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

移動平均線との乖離を使ったトレードとは?

まず簡単にですが、移動平均線の乖離を使ったトレードについて言うと、

グランビルの法則で言われているエントリーのタイミングとして、

『移動平均線とローソク足が大きくかけ離れた時に、移動平均線の方向に向かってエントリーする。』という方法があります。

一般的には下の図のように日足に対して200日移動平均線との乖離を使うことが多いです。

↓↓

このように、「移動平均線から離れているから、また戻す可能性が高い」のでそこを狙うようなトレードになります。

過去の日足のチャートを見ればわかりますが、『日足では大きなトレンドはあまり出現しません』

レンジを作りながらダラダラ上昇したり下降しています。

なので当然、移動平均線から離れれば元の場所まで戻す可能性は非常に高く、このトレードをする方が結構います。

でも、

『移動平均線から離れている=上昇や下降が続いている=トレンドが発生している。』

こんな状態で安易に逆張りして勝てると思いますか?

いつかは戻す。でもいつか分からない。

そんな状態ですよ?

それなのに移動平均線から離れた。ってだけでトレードしてもまず勝てません。

『基本的に危険な方法である。』

という認識を持っておいて下さい。

初心者がやってしまいがちな「乖離した!」って飛び乗るとどうなる?

移動平均線との乖離を使ったトレードがどう危険なのかを、1時間足チャートで見ていきます。

↓↓

短期移動平均線とローソク足が大きく離れてきたのが分かると思います。

↓↓

ローソク足の確定を待ってから安値に損切りを置いて、買いでエントリー。

↓↓

当然すぐに安値割れをして一旦損切り。

でも買いを狙っている時に陽線が出たら、また直近安値に損切りを置いて買いエントリー。

↓↓

伸び切った所だから戻す!そう思っていても、

買いポジションを持っている状態で陰線が確定してくると焦ります。

でも、「損切りは設定してるし移動平均線まで戻るだろうし、とりあえずキープ」

↓↓

値動きがはっきりしなくなっているけど、上がると思い込んでいるので決済はしない。利益を出せると思っているから、含み益になるまで耐えようとする。

↓↓

そんな時に陽線が出ると安心して更にポジションをキープしてしまいます。

さらに含み益が出ていれば、このまま利益が増えていくと思い込んで、「もし逆行する兆し」が出現していても寝動くじゃなく、お金の変動ばかり見て気が付きません。

目先の値動きばっかり追いかけていたら、ちょっとした陽線や陰線で含み益になったり含み損になったり。

これだと、利益確定は出来ないし損失は広がっていく一方です。

↓↓

狙った方向にローソク足が続ければ、実際には目標とする利益確定位置まで伸びる根拠が少ないのに『願望』で利益確定位置を決めてしまいます。

しっかりと環境認識が出来ていればこんなトレードはしない。

もしポジションを持ってしまっているなら危険を察知して微益撤退できます。

↓↓

移動平均線が下向きに傾いたままローソク足に近づいて、上ヒゲの陰線が確定。

でも、「上に向かう!」とずっと思い込んでいる状態なので、上ヒゲを見ずに、他時間足を見て「上へ行きそうな根拠を探す」という事をしてしまい。

自分の都合の良いように相場を見てしまいます。

↓↓

当然のように下落。

でも、上へ向かう!と思い込んでいるから戻り売りを狙っていく事は考えない。

↓↓

だからまた同じように「下落したから。」ってすぐに買ってしまう。

↓↓

こうなってくるとムキになっているだけで相場とは向き合おうともしません。

↓↓

だから結果的に下落を全く取れず、損失だけが残ります。

きちんと損切りさえ出来ていれば大きな被害は出ませんが、損切り出来ない人なら1発退場する可能性が非常に高いです。(典型的なコツコツドカン)

移動平均線との乖離を使ったトレードをしている人はスイングトレードをしていることが多い。

日足ではレンジを形成する可能性が高く、損切り幅が広く低ロットでエントリーするので

『基本的に勝率は高い』です。

だからこそ、乖離を使ったトレードを値頃感でやってしまうと「非常に危険です」

今回は1時間足なので、比較的損切り幅が狭く損失としては大きくないですが、

日足のトレンドと逆行したら?

損切りを置いてなかったら?

もう1度言いますね。

日足での逆張りは戻す可能性が高く、普段は低ロットでも少しずつポジションを積み増して行けば、結構大きな収益を上げられます。

でも、細かな損切りが嫌で損切り設定をしていないなら、1度の逆行で全て飛びます。

威力があるだけに、逆行時のリスクも高まるのできちんとリスクの把握をして下さいね。

安易に飛び乗ると、そのまま行っちゃいますよ。

どうして乖離で逆張りしてしまうのか?

『ローソク足が移動平均線から離れると移動平均線まで戻る』とか言われますが、違います。

離れた価格に移動平均線が追いついただけ』です。

上の写真のように、『風船(ローソク足)』が飛んで行ってしまうと戻りません。

『インジケーター(人)』が必死に追いつくしかないんです。

それなのに、逆張りをしてしまうのは、

  • 直近の高値や安値が明確。
  • 損切り幅を狭く設定できる。
  • 上手く戻るとリスクリワードが非常に高くなる。

といったメリットがあるから。

だから否定するつもりはないけど、「やるなら資金管理が明確になってから。」が良いですよ。

乖離を使ったトレードで成績を安定させる方法

基本的には、レンジ幅が見えてきたタイミング「短期移動平均線とローソク足の乖離」「短期移動平均線と中期移動平均線との乖離」でエントリー。

レンジ幅が見えてくると、レンジの上限や下限がレジスタンスやサポートとして認識されるので、

「乖離+水平線」の根拠で優位性が高まってきます。

↓↓

前もって、レンジに移行したり反転しやすい場所を見つけたいなら

移動平均線を使っている人なら、

短期中期長期の移動平均線によるパーフェクトオーダーが発生した後、短期中期移動平均線がクロスして、パーフェクトオーダーが終了。

そうすると、一旦中段持ち合いに入ったり、反転する可能性が高まってきます。

その時にレンジの上限や下限が見えてくれば、さらに根拠が重なります。

他にも反転の兆しを見るものとして、

  • プライスアクション
  • チャートパターン
  • オシレーターの反転
  • オシレーターのダイバージェンス
  • フィボナッチリトレースメント
  • エリオット波動

等があります。

乖離によるトレードは危険と言いましたが、これらを意識しながら、

  • 常に根拠が複数重なる場合のみトレードをする。
  • 損切りは必ず置く。
  • 損切りになっても狙う方向が変わらないなら何度もエントリーしていく。

という事を繰り返せば大丈夫です。

危険なのは、

  • いつか戻すからといって損切りを置かない事。
  • あらかじめ決めたルールを破る事。
  • すぐにドテンする事。
  • 主観的にチャートを見る事。
  • 刻一刻と変わる相場環境を見ない事。

という風に、

普段から利益をガンガン出せてても、自分を信じられなくなったり、相場と向き合わなくなったり、メンタル崩壊したり等、

1度の損失ですべて失う可能性があります。

リスクを理解している。という状態でトレードに取り組んで下さいね^^

必ず他の根拠と合わせて戻ってくる可能性が高い所だけを狙いましょう!

エンベロープ(乖離率)を使ってトレードするなら、「設定を一定にした状態で同じような乖離」だけを狙えるようにして下さい。

乖離率が普段より大きいから戻しも大きくなるだろう、といった

感覚でトレードしないで下さい。

普段狙っているものよりも乖離が大きくなれば、そのまま行ってしまう事が多くなります。

あくまでも戻す可能性の高い乖離を狙って下さいね!

まとめ

乖離を使ったトレードは、

ローソク足とインジケーターの距離が離れた後、ローソク足がインジケーターに戻る習性を利用したトレード方法ですが、

そもそも乖離した後は、ローソク足がインジケーターへ戻るんじゃなくて、インジケーターがローソク足に追いつくだけです。

これは移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など、どんなインジケーターを使っても同じです。

エントリーしたタイミングではリスクリワード比がかなり良く見えても、

実際に利益確定するまでにはインジケーターが追い付いてくるのであまり良くありません。

どんなトレード手法にも言える事ですが、

しっかりと利益を残したいのであれば、複数の根拠が重なる所を狙いエントリーの根拠が崩れた時点で潔く撤退して下さい!

それと損切りは何があっても入れる事!

「いつか戻るから逆行なんて気にしない。」、「そのうちプラスになるし。」みたいな考えが通用するのは

『資産が無限にある人だけ』です!

損切りしなくても勝てると思ってる人は、どこかのタイミングで100%損失を出します。

言い過ぎだけど年間勝率が95%とかあって、毎日安定して勝ててるのに、残り5%の負けで一気に失う可能性があります。

FXは増やす事よりも減らさない事が大切です。

資金を減らさないようにして、乗れる時に大きな波に乗る。

軽視しがちだけど減らさなければ自然と増えます!焦らず分かる所しかやらない!それぐらいのつもりでトレードに取り組んで下さいね。

参考になれば応援をお願いします。バナーを押すだけで大丈夫です。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

]]>
https://fxshuhou.com/ma-divergence/feed/ 0
オシレーターって結局何をどう使えば良いの? https://fxshuhou.com/what-to-use/ https://fxshuhou.com/what-to-use/#respond Wed, 10 Jun 2020 22:16:56 +0000 https://fxshuhou.com/?p=3774
この記事に書いてあること
  • MACDとは?
  • RSIとは?
  • ストキャスティクスとは?
  • オシレーターの使い方について。
この記事で解決できること
  • オシレーターは何を使えばいいか?
  • どのように使えば良いか?

この記事では、一般的なオシレーターの種類や考え方についてまとめています。

オシレーターを使おうと思っているけど何をどのように使えばいいか分からない。

そんな方はしっかり読み進めて下さいね。

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

一般的なオシレーターについて

今回は

  • MACD
  • RSI
  • ストキャスティクス

について書きます。

-MACD

MACDはMoving Average Convergence Divergenceの略です。

これは、移動平均収束拡散法と言って、

使い方としては、

  • MACDのゴールデンクロスで買い
  • MACDのデッドクロスで売り

と言われていますが、

そもそもMACD自体がEMA(指数関数移動平均線)を使っているので、

ゴールデンクロスやデッドクロスが買いシグナルや売りシグナルになるのは当たり前です。

ただ、デフォルトの設置が

  • 短期EMA : 12
  • 長期EMA : 26

なので個人的には使いにくいです。

4時間足以上の時間足でゆったり使う分にはまだマシですが、15分足とか5分足でクロスを根拠にしたトレードをしてもクロスしまくって全然使い物になりません。

使う場合は必ず上位足の方向を考えて、買いか?売りか?どちらかだけを狙いましょう。

せめてそれぐらいはエントリーを絞らないと全然勝てませんよ。

MACD自体は、「2本のEMAの線同士の差」を表しています。

↓↓

だから、ダイバージェンスが起こります。

ダイバージェンスは、

  • 上昇トレンド中に高値を更新しているのに、MACDは下がっている状態。
  • 下降トレンド中に安値を更新しているのに、MACDは上がっている状態。

を指します。

チャートで見ていくと、

↓↓

下降トレンドで安値は更新しているのに、MACDは少し上がっているのが分かると思います。

これは、

『安値の更新幅が狭くなってきた』

ってだけです。

『ダイバージェンスが出現したらトレンド転換の可能性が高くなる』

とか言われますが、

『上位足の方向に向かうダイバージェンスが出現すれば』です。

ダイバージェンスはあくまでそろそろかな?っていうものを示すだけ。

厳密に反転を判断するにはダウ理論を理解しておく必要があります。

MACDはオシレーターというよりはトレンド系の指標ともとれるインジケーターなので、

僕の個人的な意見としてはMACDは必要ありません。

トレンド系インジケーターを使ってるなら、それだけを見れば良いから。

↓↓

今回はボリンジャーバンドを表示させていますが、

トレンドでもレンジでもMACDがチャートの形と同じように動いているのが分かると思います。

なのにわざわざMACDを表示させますか?

MACDを使うのは良いですが、

  • MACDが何を表しているのか?
  • 何の為に使うのか?

その辺りを説明できないのであれば今すぐ使うのはやめましょう。

トレードの判断に迷いが生まれるだけです。

使うとしてもダイバージェンスの判断に使う程度です。

-RSI

RSIはRelative Strength Indexの略で相対力指数と言います。

Strength・力というぐらいなので、

『現在の相場の強さ』を表しています。

RSIがどんなものか説明できますか?

公式は

RSI=N期間の上昇幅/(N期間の上昇幅+N期間の下落幅)

です。

日足に対してデフォルトの設定期間 : 14 で説明すると、

14日間、毎日上昇すればRSIが100になります。

一般的に、RSIが70以上が買われ過ぎ状態。30以下が売られ過ぎ状態と言われ

買われ過ぎからの反転や売られ過ぎからの反転が売買のサインになる。

って言われますが、

全然違います。

2日上げて1日下がるような安定した上昇相場が過去14日間連続して、ようやく60~70程度になります。

↓↓のような1時間足チャート(過去14時間の値動き)で見ても、真ん中のかなり急な上昇で70を少し越えたぐらい。

気になる方は各時間足のRSIを見てもらうと、意外と買われ過ぎや売られ過ぎの状態って少ないことに気付くはずです。

時間足が短くなればRSIの動きは激しくなりますが、

  • 1時間足なら過去14時間の値動き。
  • 15分足なら過去210分(3.5時間)の値動き

そういった中の一時的な上昇や下落が継続しなければなりません。

RSIは基本的に大きな値にはなりにくいです。

オシレーターはレンジ相場の時に良く機能すると言われますが、

↓↓

30~70の中にいるけど、買われ過ぎや売られ過ぎからの反転は正直良く分かりません。

ある程度連続して急上昇や急下落がなければ、買われ過ぎや売られ過ぎになりません。

RSIはあくまでも『現在の相場の強さ』を表すものです。

じゃあどんな時に70を越えたり、30を下回ったりするか?

さっきも言ったように、急上昇や急下落した場合です。

具体的には、

もみ合い離れのように、レンジからトレンドへ移行する際によく見られます。

あとは、セリングクライマックスやバイイングクライマックスのような、トレンドの最後に見られるような動きの時です。

オシレーターの数値じゃなく、その時の場所を叱しっかり見て下さいね。

-ストキャスティクス

ストキャスティクスはStochastic Oscillatorの事で、確率論的オシレーターです。

これも一般的には

  • 80%以上で売り
  • 20%以下で買い

が良いとか言われますが、

『絶対にダメ』です。

どのオシレーターにも言える事ですが、○○%以上は買われ過ぎなので売り。○○%以下は売られ過ぎなので買い。

という判断は全く使えません。

↓↓

レンジの場合は若干効いてそうにも見えますが、実際の値動きではシグナル通りにやっても勝てません。

↓↓

トレンド相場の場合なら全くだめです。

結果的に上手く行く所でも、リアルでは

  • 損切りはそこに置く?
  • エントリー後の逆行に耐えられる?
  • 利益確定に根拠はある?

みたいにエントリーがたまたま良かったとしても、目先の金額の変動に耐えられなかったり、利益確定が上手くできず結局損切りになったりなどして、うまく行きません。

ストキャスティクスは

『設定期間の値動きの中で、今現在の価格が下から何%の所にあるのか?』

を表しているものです。

例えば設定期間の中で今現在の価格が一番高ければ100になります。

これは上昇トレンドの場合だと十分あり得ます。

さっきのRSIは80を超えるのはほぼあり得ないような急上昇の時。

でもストキャスティクスは割と当たり前のように80や90という数字になります。

↓↓

RSI

↓↓

ストキャスティクス

このように全然違うのに、Webや書籍でも同じもののように扱われます。

だからこそ、

インジケーターの計算式を覚えて、そのインジケーターが何を表しているのか?

を理解して下さい。

それが分からない間はテクニカル分析が出来ているようになっているつもり。なだけです。

いやらしい言い方だけど、使っているものの意味を理解出来なければ、感覚トレーダーの域を出られませんよ。

オシレーターはどう使うのか?

簡単な例を挙げると

ダイバージェンス

こういった状態での買い。上位足が上を向いているなら勝率アップ。

売られ過ぎエリアからの反転で安値が切り上げを確認

こんな状態で買い。

これも上位足が上を向いているならダマシに逢いにくい。

レジスタンスを確認した後のオシレーターの反転

こんな風に、レジスタンスやサポートを確認した後のオシレーターの反転でのエントリーが基本です。

まとめ

オシレーターの形や数値じゃなく、

使っているオシレーターがどんなものなのか?

どんな場所でサインが出ているのか?

を理解して下さい。

基本はローソク足です。値動きに対してオシレーターがどうなっているのか?

ここを疎かにしないでください。

オシレーターはしっかり使えればトレード精度を上げるために役立ちますが、無意味に表示させても良い事は何もありません。

あなたのトレードスタイルは何なのか?

そのスタイルなら、

  • どんな相場環境で
  • どんな場所で
  • どんな風にオシレーターが動けば

エントリーを考えるか?

これを頭に入れて取り組んでください^^

オシレーターを使うのは、

自分のトレードスタイルを理解して、値動きと向き合えてからだからね。

参考になれば応援をお願いします。バナーを押すだけで大丈夫です。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村
]]>
https://fxshuhou.com/what-to-use/feed/ 0
チャートを見る時間が作れないサラリーマントレーダーにおすすめのトレードスタイルや時間足は? https://fxshuhou.com/notime/ https://fxshuhou.com/notime/#respond Sat, 06 Jun 2020 16:12:16 +0000 https://fxshuhou.com/?p=3759
この記事に書いてあること
  • 時間がないサラリーマントレーダーの見るべき時間足
  • サラリーマントレーダーへのおすすめのトレードスタイル
この記事で解決できること
  • 時間がないから。という理由でポジポジ病を発症している人が成績を安定させる方法。
  • 焦らなくても値幅は十分取れることが分かる。

この記事では、

トレードに取り組みたいけど、

  • あんまりチャートを見る時間が取れない。
  • 仕事がなかなか終わらない。
  • 家族との時間は減らしたくない。
  • 睡眠時間は確保したい。

そういったサラリーマン等の方々に対して、

おすすめのトレードスタイルや見るローソク足。その理由等について書いています。

あんまり時間が取れなくても少しでも稼ぎたい!そんな方は是非読み進めて下さいね。

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

トレードスタイルの種類について

まず基本的な部分ですが、トレードスタイルの種類について簡単に書きますね。

-スキャルピング

スキャルピングは、トレード足が5分足や1分足、1分足以下のティックデータ等の短期足を使って、

「小さな値幅を何度も」狙います。

短期足での水平線ラインで数pips程度を取っていくスタイルです。

エントリーの回数は多いし、「スキャルピングは稼げるよ!!」みたいな言葉を鵜呑みにすると、

  • ポジションを持ってないと不安になる(ポジポジ病発症)
  • 決済の根拠が無いから勝率が低い
  • 利益を伸ばせない
  • 損切りできない

こんな風にトレード自体に根拠がないから全然稼げません。

しかも毎回スプレッド分の手数料がかかっているので、さらにリスクリワード比が悪くなりやすく、利益は残しにくいです。

狙う値幅が小さいのに利益を出さなければならないので、レバレッジが高くなりがちで、資金管理が出来ていなければ無謀なハイレバレバレッジになってしまいます。

チャートにも張り付かなければならないから疲れるし夜も眠れない。

それなのに利益は残らない。

FX初心者は手を出すべきじゃないです!

-デイトレード

基本的に1日のうちにポジションを決済するスタイルです。

相場によっては持ち越す事もありますが比較的ポジション保有時間は短く、多くのトレーダーがこのスタイルです。

1時間足による分析を行うトレーダーが多く、エントリーはスキャルピングより回数は少ないですが1日1回から数回は出来ます。

相場環境が悪ければ数日に1回程度のトレードの時もありますがスキャルピングよりも値幅を狙うので、こちらの方がトータルで利益が残しやすいです。

エントリー回数が少なければスプレッドの請求も少なくなるので無駄な手数料もかかりません。

-スイングトレード

ポジションを持ったら週単位、月単位でポジションを持ちます。

大きな相場の流れに乗って、大きな値幅を狙っていきます。

エントリー回数は少ないですが、利益が出る時は値幅が大きいので含み益も大きくなります。

4時間足、日足、週足の波を取るので非常にゆったりしたトレードスタイルになりますが、

人は早く利益を欲しいからエントリー回数が少ないスイングは意外とやっている人が多くありません。

でも月5%~10%の利益を出すだけであれば、「ゆったり確実」であるこのスタイルが最適です。

サラリーマンにおすすめのトレードスタイルと見るべき時間足は?

僕がサラリーマンにおすすめするトレードスタイルは

『ゆったりとしたデイトレード。ほぼスイング。』です。

メインに見る時間足は4時間足や日足。

1時間足でエントリーを狙うタイミングを見つけます。

チャートで見ていきますね。

↓↓

4時間足チャートで上目線に切り替わり。

目線が切り替わった事で4時間足チャートで買いを考え始めます。その後の下落を待ちエントリーのタイミングを探します。

↓↓ 1時間足

1時間足で見ても上目線に切り替わっているので、4時間足同様で買いを考えています。

↓↓

4時間足でエントリーするなら、

例えば、移動平均線で支えられたら。

↓↓

移動平均線を割ったとしても、押し安値を下抜けない限りは反転後の買いを考えていきます。

↓↓

1時間足でも4時間足と同じで、下落後のグランビルの法則が見えたら買い。

↓↓

上の移動平均線とエントリータイミングとしては同じになりますが、下落後のレジサポ転換が見えたら買い。

簡単にですがこんな風に、エントリーポイントを見つけていきます。

↓↓

その後の値動きを4時間足で見ていくと、

上目線に切り替わり後の下落で押し安値付近まで下落した後、

移動平均線より上で価格が向いてくるタイミングで買いエントリー。

↓↓

1時間足で見ると四角で囲んだところが先程買いを考え始めた所。

その後の下落で安値が切り上がっていることを確認出来て、移動平均線が上を向いてきた所で買い。

↓↓

エントリー後の動きを見ていくと、1度も押し安値を割らずに上昇。

仮に、ローソク足と移動平均線とのデッドクロスが確定したところで決済したとすると、

このチャートでは

約160pips獲得です。

↓↓

1時間足で同じ部分を見ると、

上昇前の一時的な下落でいったん決済しても

↓↓のように上ブレイクに乗るなどすれば、まだまだ買いで再エントリーが可能です。

決済に関しては人によってマチマチですが、

仮に1時間足や4時間足のデッドクロスを決済の根拠とすると、

↓↓の画像のように120pipsから160pipsほど獲得できます。

しかも長期足のダウは崩れにくく、

↓↓のように安値が切り上がる度にストップの位置をトレールすれば、利益を確実に残せてメンタル的にも安定します。

もう1度最初のエントリーを考え始めた時のチャートを見ます。

↓↓

ここで下落を待ってから買いを考えますが、

移動平均線や押し安値での反転でトレードする!と考えると、

そのラインに到達し反発したのを確認してからエントリーする必要があります。

ならローソク足は何本必要になりそうですか?

下落からの反転を狙ってるから今すぐ上昇した場合は無視。

だったら、

下落するのに4時間足チャートで数本のローソク足。

反転するのにも数本はローソク足が必要になってきます。

↓↓

実際どうでしょう?

この場合は上の画像から4時間足で5本分時間がかかっています。

20時間ですね。

つまり、事前に狙う方法を決めていれば20時間チャートから離れられます^^

ゆったりとしたデイトレードがサラリーマンに良い理由

今書いたように、狙い方を決めれば数時間から1日はチャートから離れられます!!

時間が無いサラリーマンでも、チャートが見えた時にしっかりと環境認識をして、どのあたりを狙うのかを決めておく。

そうすれば、エントリーは出来るし、取れる値幅も大きい。

短期的なデイトレードの場合なら、

  • その時々の相場の方向感の変化を取ろうとして振り回される。
  • 環境認識に使える時間が短くなりやすく、トレード成績が安定しない。
  • エントリーしたのにその後チャートが見えなくなり利益確定が出来ない。
  • 損失が膨らんでいく。
  • 連勝出来た時はいいけど、負け始めると感情的になりやられる。
  • 精神的に疲れる。
  • トレードに必死で検証やトレードノートを付けられない。

ゆったりとしたデイトレードなら、

  • 大きな流れの大きな波を取るので値幅が大きい。
  • ある程度狙いが定まっているから小さな値動きに振り回されない。
  • 大きな時間足を見ているので狙いの場所が来るまでの時間が長く、チャートがしばらく見えなくても問題ない。
  • 狙いの場所にローソク足が来るまでしっかりと環境認識が出来る。
  • 精神的に楽。
  • エントリーまで時間があるから検証したりトレードノートを付けられる。
  • 時間があるから複数通貨ペア監視してもトレード精度が落ちない。
  • トレード成績が安定する。

こんな感じで良い事が多いです。

ゆったりしたトレードならエントリーの回数が少ないんじゃない??

って思うかもしれませんが、

『大切なのはエントリーの回数じゃなくてトレードの精度。』

例えば、1日5回トレードして利益と損失と繰り返しながら何とか+10pips。

単純計算で1か月で200pipsですが、出来そうですか?

プラスになっているとしても、毎日疲れながら何とか勝ててる状態。

トレードを振り返る余裕がない状態で1か月後、半年後、1年後…

継続して利益を出せている自信ありますか??

FX初心者は目先の利益に心躍りますが、実はゆったりしたトレードの方が成績は安定します。

今回見せたチャートのように1回のトレードで100pips取れたら?

環境認識に時間を取れて、勉強も出来て、複数通貨ペアも監視出来る。

勝率も高くなるし、1回のトレードで取れる値幅も大きい。

どうですか?できそうな気がしませんか?

まとめ

トレード成績を安定させるには環境認識に十分時間を取り、狙う場所を決めて狙い通りにやらなければなりません。

稼ぎたくてFXをしているから、どうしても「早く稼ぎたい!」とか「毎日利益が欲しい!」って考えてしまいがちですが、結果的に安定して増やしていくには大きな波に乗らなければなりません。

疲れながら毎日10pipsを狙うよりも、大きな流れに乗り1か月で200pips以上取る方が現実的です。

今現在全く勝てていない人は、いったんロット数を落としゆったりとしたデイトレードやスイングトレードをやってみて下さい。

ポジションを持つ時間は長くなりますが含み益も大きくなるはずです。

慌てず環境認識にしっかり時間を取り、狙いを定めて下さい!!

目先の利益じゃなく、月単位で負けない状態を継続させれば徐々にロットを張れて稼ぐ金額も増えていきます。

慌てず確実に。

何のためにFXを始めたのか?稼ぐのが目的なら無駄に資金を相場にさらす必要はありません。

  • 家族の為に始めたのに家族との時間を取らずにトレードでも負ける。
  • 稼いで幸せになりたいのに睡眠時間を削って身体がボロボロなのに稼げていない。
  • 旅行に行きたいのに行くお金が無くなっている。

FXを始めた目的は、あなたの行動の原動力です。

その目的のために、今できるベストの方法を探そうね^^

ゆったりしたトレード、スイングトレードはそのきっかけの1つになれる可能性があるよ。

お金じゃなくそれまでの過程を大切に!!

参考になれば応援をお願いします。バナーを押すだけで大丈夫です。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村
]]>
https://fxshuhou.com/notime/feed/ 0
狙いは合っているのに損切りにかかるのは何故? https://fxshuhou.com/why-it-fits/ https://fxshuhou.com/why-it-fits/#respond Thu, 04 Jun 2020 22:10:10 +0000 https://fxshuhou.com/?p=3769
この記事に書いてあること
  • 狙いは合っているのに損切りにかかってしまうパターン
  • 損切り位置はどこ?
  • 損切りにかかった後どうするか?
この記事で解決できること

  • 損切り位置が明確になる可能性がある。
  • 怖くてエントリーが出来なくなっている状況からの立ち直り方。
  • 損切り後になった後にどうすれば良いかが分かる。

FXを学び、ある程度知識が付いてくると、

『狙いは合ってるのに損切りにかかる!』

『損切りにかかった後にやっぱり予想通りの方に行った!』

なんていう経験があると思います。

この記事では、

  • 何故損切りにかかってしまうのか?
  • 損切り後どうすれば良いのか?

などをまとめています。

トレードでの悩みが少しでも解決出来ればありがたいです!

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

知識がある人が損切りにかかってしまうパターン

あんまり良いチャートじゃないですが、比較的最近の相場を見ていきます。

まず日足、4時間足、1時間足、15分足の4つのチャートを見て下さい。

↓↓

日足

↓↓

4時間足

↓↓

1時間足

↓↓

15分足

このチャートを見た時1番右のローソク足で、あなたならどういったエントリーをしますか?

トレンドフォローを徹底しているタイプのトレーダーなら、「売り」でエントリーするはずです。

もう1度先ほどのチャートに僕がエントリーする場合の考えを書きます。

インジケーターは多くの方が使っている移動平均線で解説しますね。(ボリンジャーバンドのミドルと同じです。)

設定期間20を表示しています。

では行きます。

↓↓

日足

日足では高値を切り下げながら移動平均線の下にローソク足が位置している状況です。

この時、日足での直近安値ラインが存在していて、ある程度買いを考えている勢力も存在しています。


↓↓

4時間足

4時間足では移動平均線が横ばいでレンジ。

4時間足の押し安値を割っていない所なので上昇ダウは継続中ですが、高値は切り下げていて狙いが分かりにくい。

ちょっと見にくいけど、〇で囲んだように移動平均線を下抜けた後に上ヒゲを出して反発し、

レンジ下限付近までは行く気配がある状況です。


↓↓

1時間足

4時間足で高値を切り下げた部分を見ると、

1時間足レンジの上限で何度も上ヒゲを出し、レジスタンスが強いのを確認。

移動平均線を下抜いた後、レジサポ転換ラインで上ヒゲを出している状況。売りたいですよね?


↓↓

15分足

15分足でも下降トレンドが確認出来ている状況で、一旦移動平均線を上抜き。

でも下降トレンド継続中。

上ヒゲを出して下落し、移動平均線とのグランビルの法則が確定。

売れる根拠は十分あります。

ピンクの線に損切り設定をして、チャートを見ます。

その後の動き。損切りにかかってガンガン伸びる

1時間足で見ると、

設定した損切りラインにギリギリ触ってから一気に下落。

↓↓


15分足でもダブルトップを付ける際にギリギリ損切り。

↓↓

ダブルトップが出来る前に、上昇にビビッて損切りする人もいるかもしれません。

今回のチャートは損切り位置がギリギリなので、設定の位置によっては損切りにかかった人、かからなかった人がいと思います。

でも、このような動きと似た動きで損切にかかったこと無いですか?

『狙いは合ってるのにいつも損切りにかかってしまう。』

『損切りにかかったと思ったら結局狙い通りの方向に行ってしまった。』

『再エントリーしたかったけど、損切りにかかってしまったから怖くて入れない。』

みたいな経験ないですか?

僕自身は経験しましたーー!

僕なりの解決方法を書いていきますね。

損切り位置は合ってるの?

もう1度先ほどの15分足チャートを見ます。

↓↓

ここに設定しましたよね?

この位置での損切りは

「直近の高値」と」「レジサポ転換ライン」

が重なっているので、ここに設定する人って結構いると思います。

でもここは、あくまでも短期的なレンジの上限でしかない場所です。

下降トレンドに乗るつもりでエントリーしたのなら『損切り位置は戻り高値です。』

つまり、下降トレンドが終了した時点で損切りですよ。

画像で見ると、

↓↓

1時間足なら

↓↓

15分足なら

トレンドを狙うなら、基本的には「押し安値」や「戻り高値」などの「ダウ理論が崩れる位置」が損切り位置です。

損切にかかった後どうすれば良い?

エントリーの前には環境認識ってすると思いますが、

ポジション保有中や決済した後に環境認識してますか?

自分なりにしっかり環境認識したのに損切りにかかってしまったら、

自信失くすし、エントリーするのも怖くなりますよね。

でも損切りになっても落ち込まずに、

『もう1回環境認識をして下さい。』

狙っている波に対してエントリーの根拠が無くなっているなら、一旦休み、次の相場に備えて下さい。

でもさっきの15分足チャートのように、下降ダウが継続中なら、再度売りでエントリーを狙えば良いです。

↓↓

こんな風に、

「損切りにかかってしまった!!最悪!!」

「勝てる気がせん!!」

みたいに嘆くんじゃなく、

↓↓のように

本来の根拠が継続しているなら、もう1度攻めるべきです。

損切りによく引っかかる人に見られる特徴

当てはまる事があればまずいかも。

↓↓

  • 環境認識しているつもりになってる。
  • エントリーに根拠がない。
  • 相場が動いているとエントリーしたくなる。
  • チャートを開いたらエントリー出来そうな場所を探している。
  • エントリー後どうなったら撤退するかを事前に決めてない。
  • 短期足で引けるラインで反応してるのを見てビビる
  • 押し安値、戻り高値の認識が甘い。
  • 伸びにくい所でエントリーしている。
  • 利益確定が下手
  • 狙った方向に伸びる兆しが出る前に、「そろそろ押し安値を割りそうだから」みたいに、決めつけてエントリーしている(エントリーが早い)

当てはまる事ありますか?

僕は、損切りにかかる人は基本的にエントリーを待てない人に多いと考えています。

「根元から取りたい。」

「ポジション持ってない時に大きく動いたら嫌だ。」

といった、感情が表に出やすい人は注意しておいて下さい。

損切り自体は悪いものではありません。大切な資産を守るための先行投資なのでむしろ良いです。

ただ、根拠のない損切りはただの損切貧乏です。

トレードには常に根拠を持って、リアルに動くチャートで、最新の相場環境を理解し続ける努力をしましょう。

まとめ(必ず読んでね)

損切りに良く引っかかる方は、

そこに損切りを置いた理由を考え、それに対して狙っているはずの波とのズレがないか?考えて下さい。

上昇トレンドを狙っているのに、押し安値じゃなく直近安値に設定してない?

下降トレンドを狙っているのに、戻り高値じゃなく直近高値に設定してない?

レンジの場合はどう?

また直近高値や安値に設定してない?

損切りを置くとき、直近の高値や安値って分かりやすい。

でも、

損切りになった後にもう1回環境認識をしてみると、

元々の狙いと変わっていない事があるよ。

狙いが変わってないなら、もう1度狙っている方向へ向かう動きが見えたらもう1回狙って行く方が良い。

狙いの根拠が崩れてないのに、

「1回損切りになったから」、「また損切りになったらどうしよう。」

みたいに考えてると損失が増えるだけ。

自分を信じて、狙える所は狙い続けて!

最初のうちは、本来勝てる場所なのに損切りになっていたり、狙いは合ってるのにエントリーできていなかったりします。

それは目の前の損失が怖いから。

だったら、1回は負けるつもりでロット数を調整してもう1回エントリーできる余裕を残してみて。

連続で損切りになったら一旦休もう。

今度は、何回負けたらエントリーを休む?とか、ロット数をどの程度にするか?とか別の課題が出てきますが、

まずは自分のトレードの根拠を信じること。

エントリー時に狙っている波に応じた損切り位置か?

リスクリワード目的で無闇に損切りを狭くしてないか?

こういった部分に気をつけて改めてチャートを見てね。

それと、

損切りにかかった後、本当に思惑通りに伸びたか?

「置いてかれたー!」

じゃなくて、

「狙いは間違ってなかった!!」

っていう自信に変えてほしいな。

自分を信じて突き進みましょう!!

参考になれば応援をお願いします。バナーを押すだけで大丈夫です。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村
]]>
https://fxshuhou.com/why-it-fits/feed/ 0
インジケーターを使った相場の勢いを見る方法と注意点 https://fxshuhou.com/momentumimportantpoint/ https://fxshuhou.com/momentumimportantpoint/#respond Sun, 31 May 2020 22:17:33 +0000 https://fxshuhou.com/?p=3767
この記事に書いてあること
  • インジケーターを使った環境認識の方法
  • インジケーターによる相場の勢いを見る方法
この記事で解決できること
  • インジケーターを表示させる意味が分かる
  • 相場環境を理解する力が付く可能性がある
  • エントリーのタイミングを掴める可能性がある

この記事では、インジケーターを使った相場の勢いを見る方法について書いています。

相場環境が分からない人、高値掴みや安値掴みをしてしまう人。エントリーのタイミングを難しく考えている方。

そういった方々の悩みを解決できる可能性があります。

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

相場の勢いが出てる状態って?

まず、相場の『勢い』って何でしょう?

  • インジケーターの角度が急?
  • トレンドラインの角度が急?
  • 高値や安値の更新幅が大きい?
  • 1日のボラティリティが大きい?

『勢い』って一言でまとめても、考え方によって結構変わってきます。

↓↓

2つの画像がありますが、どっちが勢いがあると思いますか?

たぶん、皆さん上ですよね?

『勢い』について僕の考えを言わせてもらうと、

『トレンドが確認出来る事』

『トレンド中の値動きが強い事』

を相場における『勢い』として判断しています。

↓↓の画像のように高値切り下げ、安値更新が確認出来て、下降トレンドが出ています。

これを『この時間足で勢いがある状態』と考えます。

相場の勢いが無い状態とは?

今度は相場に『勢いが無い状態』について。

『勢いがあるのがトレンド』なら、

『勢いが無い』のは?

レンジですね^^

レンジは方向感が分からず、値幅も小さめで狙いを定めにくい相場です。

最初の画像の下の方みたいに高値や安値の判断が分かりにくくなり、インジケーターの線が横ばいになるような状態です。

-移動平均線でのレンジ

↓↓

このように方向感が無いので、短期中期長期の移動平均線たちが近付き、絡み合っている状態になります。

-ボリンジャーバンドによるレンジ

↓↓

ボリンジャーバンドの各線が横ばいになってきて、

エクスパンションしたの?バンドウォーク中?

みたいによく分からない状態になります。

-一目均衡表によるレンジ

↓↓

移動平均線と同じような考え方で、短期中期長期の各線が絡み合って方向感が分からない状態です。

線が絡み合い、雲が薄くなります。

トレンドが出る時の各線の並び順は決まっているので、並び順は意識して見るようにして下さい。

-パラボリックによるレンジ

↓↓

ローソク足と点がすぐに接触して、よく分からない状態。

点と点の距離感や、点たちを結んだ線の角度もバラバラです。

インジケーターで相場の勢いを判断する方法

インジケーターはローソク足・値動きを元に出した計算値です。

  • 移動平均線なら一定期間の平均値
  • ボリンジャーバンドも一定期間の平均値+標準偏差(誤差)
  • 一目均衡表なら一定期間の価格の中心
  • パラボリックなら一定期間の最安値や最高値を元に算出

という風に、値動きがあるからインジケーターの表示が決まります。

なので、基本的にはインジケーターのみで相場を分析しようと思えば、

『少し遅れている』

という認識を持っていて下さいね。

では、インジケーターを使って相場の勢いがどう変わるか見ていきます。

-移動平均線での見方

移動平均線の設定は

  • 短期 : 20
  • 中期 : 80
  • 長期 : 200

としています。

勢いの見方は移動平均線の

  • 並び順
  • 線同士の距離
  • 線とローソク足の距離
  • 線の傾き

を見ます。

↓↓

チャートで見ると、

こんな風に、

  • 移動平均線同士の距離が近いと勢いが無い状態。
  • 移動平均線同士の距離が遠いと勢いが強い状態。

その上で、「移動平均線とローソク足の距離」や「移動平均線の角度」も確認して下さい。

上位足の方向や相場環境にもよりますが、

基本的に強すぎるトレンドは継続時間が短いです。

これはトレンドの最後によく見られる動きで、

『セリングクライマックス』や『バイイングクライマックス』と言われます。

セリングクライマックスは、

  • 損失が大きくなる前に損切り
  • 下降トレンドでずっと買いポジションを持っていた人が損失が限界になってポジションを解消

などによって一気に売り注文が入る事で発生します。

逆にバイイングクライマックスは買い注文が一気に入ることで急騰します。

この値動きによってトレンドが反転する可能性が高くなるので、急な上昇や下降には安易に飛び乗らないように!!

相場環境次第では更に伸びる事もありますが、基本的にはリスクが高いので気を付けて。

-ボリンジャーバンドでの見方

ボリンジャーバンドの期間設定は20としています。

勢いの見方は

  • バンドの幅の大きさ
  • バンドの形
  • ミドルの傾き
  • 各バンドとローソク足の距離

を見ます。

↓↓

チャートで見ると

  • スクイーズ中は勢いが無い状態
  • エクスパンションやバンドウォーク中は勢いが強い状態

です。

ボリンジャーバンドも移動平均線と同じで、勢いが出ている状況で

「ミドルバンドとローソク足の距離」や「ミドルバンドの角度」

さらに「ボリンジャーバンドの形」も意識して見るようにしてみて下さい。

急激にバンドが開けば、閉じるのも急激です。

バンドの開き方、閉じ方それに対しての値動きをよく見て下さいね。

-一目均衡表での見方

一目均衡表の期間設定は

  • 転換線 : 9
  • 基準線 : 26
  • 先行スパン1 : 転換線と基準線の中心を26日先へ
  • 先行スパン2 : 52日間の中心を26日先へ
  • 遅行スパン : 当日の終値を26日先へ

です。

勢いの見方は、

  • 各線の並び順
  • 線同士の距離
  • 線とローソク足の距離
  • 線の傾き

を見ます。

↓↓

チャートで見ると

  • 各線の距離が近く絡み合っていると勢いが無い状態。
  • 各線が綺麗に並び距離が離れていると勢いが強い状態。

一目均衡表は線が多く難しいと感じる人が多いかもしれませんが、

どの線も重要で、短期的・中期的・長期的な『損益分岐点』を表しているので、どの線でも比較的高確率で反応してきます。

(フィボナッチリトレースメントの50%ラインのような働き。)

-パラボリックでの見方

パラボリックSARの設定は

  • ステップ : 0.02
  • 最大 : 0.2

です。

勢いの見方は

  • 点同士の距離
  • 線同士をつないで線として見た時の傾き
  • 点とローソク足の距離

を見ます。

↓↓

チャートで見ると、

  • 点同士の距離が近いと勢いが無い状態。
  • 点同士が離れていると勢いが強い状態。

その上で、「点とローソク足の距離」や「点をつないだ線の角度」も確認して下さい。

実際にトレードでどう使う?

ここまでで、

  • インジケーター角度
  • インジケーター同士の位置関係
  • インジケーターとローソク足との距離感

によって、トレンドか?レンジか?の判断が出来ると思います。

でも、それだけではトレード出来ないですよね。

例えば、

↓↓

こんな風に移動平均線同士の距離が離れて、勢いが強くなっている状態。

いわゆる、パーフェクトオーダーが発生している状態。

こんな状態で少し価格が揉み合い出すと、

下に抜けたら伸びそう!って考えて売りたくなる人が出てくると思います。

↓↓

でも、

こんな時はほぼほぼ、高値掴み安値掴みになる可能性が高いです。

今回の場合も、一瞬だけ下に伸びたと思ったら、

長い下ヒゲで帰ってきて上昇を始めました。

これで損切り出来なければ、その時点で間違いなく口座が飛んでます。

もちろん勢いが出ている状態で更に伸びる場合もありますが、それは相場環境が良い状態じゃないと難しいです。

基本的には、

「勢いがあるから。」

って理由だけではトレードは出来ません。

だから、

マルチタイムフレーム分析をして、

各時間足の勢いを判断しながらトレードすると良いです。

↓↓

日足チャート

例えば日足チャートだけ見ると、

まだまだ上昇の兆しもない、インジケーターでは下降の勢いも出始めているような状態なので、

このような上昇は狙えないです。

↓↓

4時間足

今の日足の上昇を4時間足で見ると、

やっぱりまだ良く分かりません。

急騰したんだなー。ぐらいしか分からないかも知れません。

↓↓

1時間足

1時間足で見ると、4時間足の急騰の前に

最安値から安値の切り上げ、高値更新が見えて1時間足で上昇トレンドが確定しています。

↓↓

15分足

四角で囲んである部分が、日足、4時間足での急騰部分です。

これを15分足で見ていきます。

まず、先程の1時間足で安値切り上げが確認出来て、

戻り高値も越えた事で1時間足が上目線になっています。

この状態で、15分足も上目線に切り替わり、更にレジサポ転換も確認出来たなら、

例えば、

赤丸で囲んだレンジを上方向へブレイクするタイミングでエントリーを繰り返せば、この上昇を取る事が出来ます。

つまり、

1時間足で方向感が出始めている所。に対して、

15分足で勢いが出ている所。

を狙えばいいんです。

これはどんな時間足でも対応できて、

4時間足で方向感が出始めているなら1時間足の勢いを狙い、

日足で方向感が出始めているなら4時間足や1時間足の勢いを狙い、

15分足で方向感が出始めているなら、5分足の勢いを狙えば、

勝率を上げたり、狙える場所を増やせます。

ただし、

狙う時間足によって、狙える値幅が違う

という事を忘れないで下さい。

5分足の勢いを狙おうとしているのに、4時間足が下目線なら、

5分足の勢いなんてすぐに無くなります。

どこを狙っているのか?が分かれば比較的安全にトレード出来るので、狙っている時間足を忘れないようにして下さいね。

レンジ相場でのエントリー

↓↓

日足

このような各時間足の移動平均線に挟まれてしまうと、

短期は下がれば買いたい。

中期は上がれば売りたい。

みたいに各時間足の方向感が違うので、各時間足の戦いが始まりレンジが発生する可能性が非常に高くなります。

↓↓

4時間足

日足でレンジになっている中でさらに4時間足でもレンジが発生。

これだけ見るとどこもエントリーできる場所なんて無いように感じてしまうかも知れませんが、

綺麗な形のレンジが発生してきているなら、

↓↓

1時間足

レンジの中で方向感が出る可能性が高くなる部分を狙えば短期的にですが戦えます。

↓↓

15分足で、先程の1時間足の青で囲んだ辺りを見るとこう見えます。

↓↓

この15分足でエントリーを狙うとすれば、

このように上位足の流れから、レンジが継続するという前提で考えて戦略を立てると、

レンジ下限での逆ヘッドアンドショルダーズのネックライン越え。(ネックラインを越える辺りで目線も上に切り替わります。)

さらに、

レンジ上限から下方向へのレンジブレイク。

下ブレイクの後のレジサポ転換を確認してからの売り。

などのように、方向感を定めた後、勢いの出るタイミングを狙う事でエントリーが可能になってきます。

まとめ

相場はどんな場所でもエントリーできる訳ではありませんが、

この記事のように、

インジケーターによる各時間足の勢い

という部分に着目すると、

方向感が出始めている時間足に対して下位足で勢いが出ている所勢いが出始める可能性の高い所

そういった部分を狙えば比較的安全な所から安全な所までの間を狙う事は十分可能です。

ただし上位足の方向に逆らっていたり、上位足の勢いがあまりにも強過ぎる場合は急な逆行もあり得るので、

狙っている時間足とその上の時間足の方向感。

は必ずチェックし、なるべく安全な所でだけトレードする習慣をつけて下さいね^ ^

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

↓↓関連記事はこちら↓↓

]]>
https://fxshuhou.com/momentumimportantpoint/feed/ 0
8週間で100倍達成!FXで手法が大切な本当の理由は〇〇 https://fxshuhou.com/challenge-achievement/ https://fxshuhou.com/challenge-achievement/#respond Tue, 05 May 2020 13:42:44 +0000 https://fxshuhou.com/?p=3223
この記事に書いてあること
資金が100倍に到達した最後のエントリー
エントリーの根拠
FXで手法が大切な理由
稼ぐ為には何が必要か?

といった事を書いてあり、

この記事で解決できること
・裁量トレードのやり方が分からない
・エントリーのタイミングが分からない
・どんなFX手法を使えば良いのか分からない
・環境認識を軽く考えている

・FXで勝てない理由
・FXでトレードを改善する方法

・稼ぐためにはどうすればいいか?

といった悩みや疑問を持っている方々の悩みの解決が出来る可能性があります。

  • ついつい感情でトレードしてしまう。
  • ダメと分かっているのに何度も同じことを繰り返してしまう。
  • 目先の値動きに飛び乗ってしまう。

といった方はしっかり読み進めて下さいね。

あなたのクリックが応援になります。記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

資金100倍に到達した際のトレード

前回のトレードで大台手前まで来ていましたが、1週間チャートを見れてなかったので時間がかかってしまいました。

大台を達成した最後のトレードを紹介しますね。

↑↑前回のトレード終了後。

で今回のトレード。

トレード終了後に大台に到達しました。

-エントリーした相場

トレードした通貨ペアはポンドドルで、エントリーした時はこんな相場でした。

・ポンドドル1時間足チャート

↓↓一番右の黒丸部分で買いエントリー。

↓↓相場環境としては上昇トレンド継続中で上目線です。4時間足チャートで見ても上目線でした。

↓↓エントリーするまでの流れですが、黒線のレジスタンスラインでダブルトップが出現して、ネックライン割れに飛び乗りで売りエントリーしているトレーダーが一定数いる状況。

レジスタンスラインの上には買い注文が入っているので、再度上昇した時にはレジスタンスラインを上抜いて、今度はレジサポ転換を試している所です。

・ポンドドル15分足チャート

続いて15分足で見ていきます。

↓↓買いエントリーしたのは、画像の黒丸です。

↓↓15分足での押し安値を割らず上目線を継続しています。

しかもボリンジャーバンドは横向きで、-1σや-2σで反転する可能性があります。−2σと押し安値ラインがほぼ重なっているので、反転の可能性が高そうなので状況でした。

↓↓その状況で、5分足での-1σから中へ戻ってきたタイミングで買いエントリーです。

↓↓見にくいですが、5分足では事前に下ヒゲが出ており、この下ヒゲを下に抜けるようなら、もう少し下落が継続するはずですが綺麗にローソク足で実体で止められています。

であれば、5分足の短期的な下降トレンドが終了した可能性があるので、買う価値はあります。

損切りは下ヒゲの下に設定しました。

↓↓決済は1時間で認識出来る、前回の高値付近で決済を行いました。

約50pips獲得で、リスクリワードは約3:1のトレードでした。

ここまで来れた理由

もちろん、始めたばかりの頃は負けまくりでした。本やネットでよく言われることを何の知識もないまま試して、ダメなら別の方法を探す。そんなことの繰り返しでした。

例えば、

「〇〇でエントリー!って本に書いてあった。(ゴールデンクロスなど)」

やってみる

負ける。

「陽線が連続すると上昇の勢いが強い」ってネットに書いてあった。

やってみる

見事に高値掴み!

損切り出来ず終了!

こんなことの繰り返しで

  • チャートを開いたらエントリー出来そうな場所を探す。
  • エントリーしたら、自分の都合の良いように解釈する。
  • 負けても理由を考えない。
  • 聖杯があると信じて常に違う方法を探す。

といった感じで、

簡単に勝てそうな方法や手っ取り早い方法『探す事』に必死になって、相場と向き合っていませんでした。

どんな手法であっても、どんな時でも使えるわけじゃなく、

  • 使える状況
  • 勝ちやすい相場

がある事にようやく気が付いてから、

『自分自身が、相場の波のどの部分を狙っているのか?』

という部分をきちんと認識するようになってから、

  • 狙いが定まり
  • 待てるようになり
  • トレードルールも明確になり
  • 成績が安定し

その結果、少しずつお金が増えていく感覚が身に付き、

自分のトレードに自信を持つ事が出来るようになりました。

FXで勝ちたいなら、

『トレードルールを明確にして一貫性を持って下さい』

負けを正当化したり、負けたことを悔やむんじゃなくて、

しっかり前を向いて次に生かす!って事だけを考えていきましょう。

ネガティブな感情では勝てないから。

あなただけのオリジナリティを出せばいいんよ。

トレードが難しく感じる理由

そもそも何でトレードって難しいの?って部分についてのお話です。

-システムがシンプル過ぎる

買うか売るか。

それだけだから、何となくエントリーして放置してたら稼げるって考える人が多い。

実際、コインの表と裏を当てる確率は最終的には50%に収束します。だから、どんなことがあっても、お金が無くなるっていう危機感が無い。

何となくエントリーして何となく決済。これで利益を出せる事もあるから、

「トレードって簡単やん!」って勘違いします。

トレードしたことがある人なら分かると思いますが、大損するのが目に見えていますね。

もちろん資産が無限にあるなら、含み益になるまでひたすら待ち続ければ良いから負ける事なんて無いけど、

それだけ資産があるならFXする必要性がないですね。

本来は確率だけでは稼げません。

スプレッドもあるからマイナスからのスタートです。

-甘い言葉に惑わされる人が多い

  • 少額から始められる
  • 簡単に稼げる
  • 空き時間で月10万は稼げる
  • 一攫千金

みたいな、あたかも簡単に大金を稼げる!っていうニュアンスでギャンブル感覚で参入する人が多い。

初めからそういう感覚でいると、

「思ったようにお金が増えない。」

「もっと簡単なはず!」

っていう、『理想と現実の差』を受け入れられずにギャンブルトレードを繰り返してしまう。

それでも簡単に稼げるっていう先入観が簡単には消えないからポジポジしたり、根拠のない所でエントリーしちゃう。

だから傷口ばかりが広がります。

-メンタルに影響される

トレードは機械的に。

分かっているけど、自分の大切なお金がかかっているから冷静になれない。

含み損があれば、「また上がるはず!」って根拠のない自信でポジションを持ち続けるし、

含み益があれば、「減るのはもったいない!」って利益確定は早くなる。

人は、そういったプロスペクト理論で物事を捉えてしまうから、

「分かっていても出来ない」

この状態を抜け出す前に、「自分にはもう無理。」って、相場から離れてしまう。

まずは自分の状態を保てるようにしないと成長はないです。

-FX相場の捉え方に正解がない

何か問いかけたら返事をして欲しい。

疑問があれば明確な答えが欲しい。

でも『相場には答えがない』

だから情報を得る度に、何が正しいのか?どうすれば良いのか?が分からなくなって難しく感じる。

  • トレンドだけを狙う
  • レンジだけを狙う
  • 1つの時間足しか見ない
  • 複数の時間足を見る
  • インジケーターだけしか見ない
  • ローソク足しか見ない
  • ラインを引く
  • ラインなんて引かない
  • 短期的な順張り
  • 長期的な順張り
  • 短期的な逆張り
  • 長期的な逆張り

いろんなトレーダーがいるし、実際どれも間違いではない。

だからこんがらがって、トレード自体がブレブレになっちゃう。

『相場の捉え方に正解は無い』けど1つ正解があるなら、『稼げている事』

やり方はどうであれ、結果が出せればOK。

でも一時的じゃなくて勝ち続けるってことね。

FXで手法が大切な理由

FXでどんな相場でも狙える手法なんてないし、勝ちまくれる手法もない

それでも僕が手法を大切って言う理由は、

『自分のトレードルールに明確な基準が出来るから』

です。

一般的なゴールデンクロスやデッドクロスでトレードしても勝てないって言われますが、

他の優位性と合わせて、ゴールデンクロスやデッドクロスが「機能する相場」で、「価格が動くタイミング」を見つければ、そんなルールでもお金を稼ぐこと自体は難しくない。

だからこそ聞いて欲しいことがあるのね。

『あなたは相場のどの部分の波を狙ってますか?』

この質問の答えを書き出したり、言葉に出してみて下さい。

これが言えないなら、

『結果的に値動きを予想出来ないような相場でエントリーし、反対に動いてもエントリーの根拠を正当化』しようとしているはずです。

狙う波を明確にして、そこを狙うためだけのルールを作り、後は守るだけ。

狙う波以外の波は全部無視。

これだけでマジで口座資金が増えるようになります。

トレーダーは待つ事が大切って言われますが、

待たないとダメだから。って意味もなく単に待つんじゃなくて

自分のターンが来ない以上攻められる場所がないだけです。

待つ以外の方法がないって感じ。

自分の狙う場所が分かってるから、その場所が来るまで相場の動きを気にせず待てるようになるんだよ。

チャートを見た時に無理矢理トレードする場所を探すんじゃなくて、

トレード出来る相場環境が整ってから考える。

相場環境・環境認識が最初です!

その上でトレードの軸を持つ為に手法・ルールを明確にしておく。

いいですか?

  1. 相場環境は自分の得意な所か?
  2. 得意な場所なら、そこから更にルールに合うまで何もしない。
  3. ルールを満たせばガンガン攻める。

これで稼げるようになります。

早く稼ぎたい気持ちを抑えて、相場が自分の土俵まで来た時に、土俵の範囲だけをひたすら取る!

根拠を持って良いトレードをすれば自然と稼げます!

お金じゃなく、過程を意識して下さいね。

稼ぐ為に必要な条件

僕が、FXで稼ぐ為に必要だと感じた事を簡単に言うと、

  1. 『自分が何をしているか分かっている事』
  2. 『潔さ』
  3. 『切り替えの早さ』

FXでトレードをしている時に、

「さっきまで含み益だったのに気付いたら含み損に変わってる。」

「損失を受け入れらなくて損切りしたけど、その後に思惑通りに伸びた。」

みたいな経験があるはずです。

その時に、

「やっぱりそっちか!!」、「もう1回すぐにエントリー!!」みたいにその場の勢いに任せたトレードをしている限りは絶対に負け続けます。

事前に狙う方向を決めて、狙う根拠が整ったらエントリーして、ダメなら次。

いつまでも負けを引きずらず、次に生かす。その為に気持ちを切り替える。

勢いじゃなくて、根拠を持って毎回それを守れるなら絶対に資金は増えるから。

稼げるようになる為に一番必要な事は

『トレードの一貫性』

常に同じことをやり続ける勇気があれば、他は何もいらないよ。

だって、それで稼げるのが分かってるから。

一貫性があればトレードはブレないし、負けてもその理由が分かる。

良い事ばっかりだから。

資金管理も絶対に忘れないように!!

最後にもう1回聞くね。

『あなたは相場のどの部分の波を狙ってますか?』

これに答えて、それだけを狙える工夫さえ出来れば大丈夫だから。

自力で稼ぐ力を何がなんでも身につけようね^ ^

]]>
https://fxshuhou.com/challenge-achievement/feed/ 0
スキャルピングに切り替えて稼ぐ。短期と中期の戦い(10万円チャレンジ 4月2日 +97万円) https://fxshuhou.com/challenge-result-202-04-02/ https://fxshuhou.com/challenge-result-202-04-02/#respond Sat, 02 May 2020 16:14:59 +0000 https://fxshuhou.com/?p=3204 「裁量トレードが分からない。」「エントリーのタイミングが分からない。」「利益が出てたのに利益確定が出来なかった。」「環境認識が出来ない。」「インジケーターの使い方が分からない。」

といった悩みを解決出来る可能性があります。

この記事は、僕が10万円チャレンジでリアルタイムで実際に行っている、

「環境認識」、「エントリーの環境」、「シナリオ」、「損切り」などについて書いています。

FXで勝てていない方々にとって少しでも気づきが得られたらありがたいです^^

あなたのクリックが応援になります。よろしくお願いします!
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

今回のトレード

今日はほとんどポンドドルのみです。

トレード終了後

今回は、

レンジ離れしそうな動きがあったので、上位足の方向に向かってトレードしましたが上値も下値も抜けず、値動きに翻弄されて、利益確定が上手くいきませんでした。

なので、結局

レンジ相場に対してスキャルピングで取れる所を抜きました。

スキャルピングで利益を出した後、またレンジ離れを予想してエントリーしましたがタイミングが上手くいかずダメでした(>_<)

今回も資金管理は忘れず損失を許容できる範囲でトレードしています。

-エントリーについて

レンジ離れを狙い、短期的なトレンドに乗っていくぞ!!という狙いで

  • チャートパターン
  • プライスアクション
  • 水平線
  • トレンドライン

などを根拠にエントリーをしたんですが、

どのエントリーも後から見ると見事に高値掴みや安値掴みのようなものになっていました。

が、そのまま何となくでポジションをダラダラと持ったりせず、エントリーの根拠が崩れた時点で損切りしています。

なので、資産量に対して損失は限定できています。

トレード回数は多いですが、エントリーそのものはどれも同じように行っています。では見ていきますね。

-ポンドドル

・1時間足チャート

エントリーするまでの流れを説明していきます。

↑↑一番右の上ヒゲで売りエントリー。

↑↑チャートの真ん中より右で、徐々に高値も安値も狭まってくる「三角持ち合い」が発生。

そのまま持ち合いを上に抜けましたが、高値を越えられず反転下落。

↑↑ここを上昇トレンドとして見ているトレーダーはトレンドライン割れで決済するはず。(売り注文)

しかも割った後に上ヒゲが出たことで更に売りたい人が出てくる。

ミドルラインの下抜けの後にミドルを越えられなくなっている状態を見て売り注文を入れるトレーダーも出てくる。(グランビルの法則

↑↑これらの根拠を基準に、レンジを下抜けて長い下ヒゲ付近までは伸びるかな?と考えて売りでエントリーしていきました。

↑↑ただし、エントリーする前からリスクを負っている状態でした。

どういう事かと言うと、

短期的な押し安値ラインまで下がってきて、上ヒゲも出しているけど、「短期的な押し安値ライン」は下抜けていない。(上目線継続中)

さらにそれよりも大きい時間足でトレードしているトレーダーからすると、まだまだ余裕で上目線継続中。

なので、「下落しても長期の時間足でトレードしているトレーダーたちが売りで入って来にくい所である。」という認識を持っておかなくてはなりません。

下がったとしても買いポジションを持っているトレーダーの決済注文や損切注文程度。という事。

なのでこのままガンガン下げていくぞ!!という状況ではない事をあらかじめ意識しておかなければなりません。

↑↑結局すぐさま下がる気配が無く、1時間足の-2σで支えられてレンジ内に戻ってくる動きを見せたので

一旦手動で決済。

そのまま、

  • 1時間足以上の上昇トレンド継続中
  • 1時間足-2σに支えられている
  • 1分足、5分足での大きな陽線が出てきて買いで飛び乗るトレーダーが出てくる

といった根拠で買いで乗っかっていきました。

ただし、今の値動き自体は下を狙っていきたい人が多くなってくるので、

買いでエントリーした場合は1分足~5分足程度の一時的な上昇しか狙えない。という認識は忘れずに。

なので利益確定はミドルバンド越えですぐに逃げました。

−2σから+1σ手前までの小さな波を狙ったイメージです。

↑↑レンジの認識が分かりにくく相場もまだ迷っている状態だったのに、エントリーを仕掛けるのが早かった。

でも、実際のチャートではその先どうなるかが分からないので、「動きそう」な値動きを拾っていくしかありません。上位足の方向や強いラインなどを意識していても負ける時はガンガン負けたりします。

という事をしないといつまでもお金は増えないし、トレードに自身も持てなくなります。

-その後の値動き

↑↑

最初の売りエントリーをした後、すぐに-2σで反転上昇したものの、+1σに抑えられてからズルズルと小さくもみ合ってから一気に下落しました。

今回は売りでのエントリーがことごとくダメでしたが、あらかじめ想定した方向に価格が推移していくか?

という部分は必ず見るようにして下さい!!

「損切りになった。最悪。」とか「やっぱりだめだったか。」

みたいに負けたことに凹んでたらいつまでも成長しません!

  • 自分の予想した値動きに対して相場はどう進んだか?
  • すぐにその方向に向かったか?
  • 動くまでに時間がかかったか?
  • 動く前に前兆はあったか?

といった事を意識しながら、検証を重ねて

  • あらかじめ狙った方向に動く可能性の方が高い事が分かっている。
  • エントリーしても逆行しにくい。
  • 少し先は分からないけど、目先の方向なら分かるようになってきた。

といった状態にならなければ、常に自分の根拠に自信が持てなくなります。まずは経験を重ね、自分の中で分かる部分がどこなのかを認識しましょう!!

まとめ

今回のように、

最初の予想通り下落する可能性の方が高いと考えていて、実際に下落してもタイミングが合わなければ取れません。

それなのに、

「チャートを見て、買いと思ったのに売りだったーー!!」

「じゃあドテン売りーーー!!」

なんて事を繰り返しても勝てるはずがありません。

僕は口うるさく「損失を限定して。」

って言っているのですが、FX初心者の方々を見ていると、リスク管理を甘く考えている方が多い!

相場の先なんて分かるはずがないから、あくまで「動きそう」な前兆を拾っていくしかありません。

100%勝てる保証なんてどこまで行ってもあり得ない。

だからこそ

資金管理を徹底することは忘れないで下さいね。

  • 極力減らさないようにすること
  • 増やすときはしっかり増やす

それが出来ないとずーっとプラスに持っていくことなんかできません。

  • スキャルピングで稼ぐなら、1本先のローソク足の値動きが予測できる値動きのパターン。
  • デイトレードなら、その日に動く可能性が高い方向とその根拠を明確にすること。
  • スイングトレードなら、ファンダメンタルズの要因を考えて、大きな流れさえ間違えないようにすること。

といった部分をきちんと理解しておきましょう。

今日のトレードは、その日に動く方向は合っていたけど、タイミングを狙い過ぎて結局損失を繰り返しました。なので、1本先のローソク足の値動きだけに途中から狙いを切り替えたことで利益を残しました。

このように、トレードに軸を持ち一定の判断基準があるのは、相場で戦っていくためには最低限必要です。

でもそれだけでは考えが凝り固まりチャンスを逃し精度も落ちてきます。

考え方が偏ると

どんな相場状況でも無理矢理ルールが適用できそうな場所を探そう!!としてしまいます。

そうじゃなく、環境認識が基礎にあって、その判断に対して、本来のルールが適応できるのかどうか?を判断していきましょう。

もう1度言いますね。

今現在の相場のどの部分にルールをこじつけられるか?ではなく、

今現在の相場環境がそのものがルールに対応しているのか?です。

無理矢理こじつけても結局損切りの連発です。

そもそものルールが使える場所をきちんと理解して、その場所でだけルールを適応すれば精度が段違いになります。

今の相場環境を知るために環境認識を怠らないようにしましょう!

そうすれば、

スキャルピングでも目先の値動きを読む確率が上がる。

デイトレードでも、その日に動くであろう方向がどっちなのか?を読めるようになってくる。

スイングでもまだまだ大きな流れが継続するかどうかがよめるようになってきます。

こういう感覚は、

  • 自分がどんな相場を狙っているのか?
  • その狙っている部分に対してどんな根拠でアプローチしているのか?
  • 狙った波が本当に狙った通りの方向に進んだか?それをしっかり見届けたか?

など、

自分自身でしっかり考え、それに対して相場が向かった方向を必ず見届ける!

そうすることで「経験を蓄積」していきましょう。

自分が成長していかなければ、相場では生き残れません!

トレードスタイルを確立していくためにも、相場とは真剣に向き合って上手に付き合っていきましょうね。

]]>
https://fxshuhou.com/challenge-result-202-04-02/feed/ 0
10万円チャレンジ 負けても問題なし(3月30日-35万円) https://fxshuhou.com/challenge-result-202-03-30/ https://fxshuhou.com/challenge-result-202-03-30/#respond Thu, 30 Apr 2020 21:33:46 +0000 https://fxshuhou.com/?p=3198 「裁量の考え方がわからない」「エントリーのタイミングが分からない。」「利益確定が出来ない。」「環境認識が出来ない。」「インジケーターの使い方が分からない」

といった悩みを解決出来る可能性があります。

この記事は、僕が10万円チャレンジでリアルタイムで実際に行っている、

「環境認識」、「エントリーの環境」、「シナリオ」、「損切り」などについて書いています。

FXで勝てていない方々にとって少しでも気づきが得られたらありがたいです^^

あなたのクリックが応援になります。よろしくお願いします!
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

今回のトレード

ポンドドルとドル円のトレードをしましたが、ボロボロでした。

相場の動きが切り替わる所だったのに考え方を切り替えられずマイナス。

しかもエントリーのタイミングが早くトレードの精度がガタ落ちです。

今回はチャートを見る時間があまり無いのにチャートを見たタイミングでエントリーポイントを探す。という愚行をしちゃいました。

だからこそ言うけど、エントリーの回数よりも精度の方が大切です!

無駄にトレードしても減らすリスクの方が高いので気を付けましょうね。

ではトレードについて。今回は損失額の大きなものをお見せします。(資産の3%のマイナス)

-ドル円

・1時間足チャート

・1時間足チャート、エントリーポイント

↑↑

1時間足戻り高値ラインでの反発を確認してからの売りエントリー。

戻り高値の上に損切りを入れました。

・15分足チャート

15分足で見ていくと、↑↑のラインを戻り高値で見ている人なら下目線。

これは4時間足では認識されるラインです。

でも、1時間足以下の目線は既に上目線になっていました。

↑↑

しかも上目線に切り替わっている15分足の押し安値がイマイチよく分からない状態。

↑↑

直近の安値ラインを押し安値と認識しているなら下目線に切り替わりましたが、

↑↑

微妙に抜けたぐらいで目線を切り替えたと判断しているなら、また微妙な戻り高値ラインで上目線に切り替わってしまいます。

なので1時間足以下が全て上目線継続中。

その中で

前回の4時間足高値での反発という弱い根拠での売りエントリーなので下がったとしても再度上昇するのは明確な場所でした。

それなのに利益確定が出来ず、結局損切りになってしまいました。

僕自身、目線の切り替わりを利用するトレードが得意なのですが、今回は完全にエントリーが早過ぎました。

5分足でもトレンド転換していない所だったのに、エントリーポイントを探そうとし過ぎて判断を間違えました。

↑↑

さらに上昇する理由があって、

1時間足で認識できるような、比較的綺麗なトレンドラインが引けていて、そのトレンドライン越えには売りに対しての決済注文が入る場所でした。

しかも、移動平均線とローソク足とのゴールデンクロスでも決済注文が入りやすいです。

目線は上。さらに決済も入る所。

となれば上に向かうのは明確だったのに、

エントリー前に自分の状態を一定に保てていなかった事で冷静な判断が出来ていませんでした。

-ポンドドル

このトレードもエントリー後に20pipsほどは伸びていたのに利益確定出来ずに損切りでした。

5分足の1波を取るつもりだったのに、結局15分足、1時間足まで伸ばそうと考えたせいで利益確定出来ませんでした。

エントリー前の根拠を守るように徹底しましょう!

・1時間足チャート、エントリーポイント

1時間足上昇トレンド継続中にレジサポラインでの反転上昇。

ボリンジャーバンドも収束してきて-2σからの反発が入りやすいタイミングを狙いました。

・15分足チャート、エントリーポイント

15分足でも短期的な目線の切り替わりでエントリーしていきました。

この戻り高値ラインは、15分足では陽線1本だけ。

つまり、15分足では認識されにくく5分足や1分足でないと明確には見えてきません。

なので5分足の1波を取るつもりでエントリーしていました。

↑↑

エントリー後のチャートですが、エントリーした後素直に伸びて15分足でも上目線に切り替わりました。

なのでまだ伸びと考えて放置してしまっていたのですが、結局損切り。

短期的に目線も下目線になっていたので、高値を2回付けたタイミングかミドルラインを割れたタイミングで決済すべきでした。

チャートを見ルールを時間があまりない時でのエントリーだったし、上位足で徐々に方向感が出なくなっている相場だったので、確実なラインに指値を入れて確実に決済しておくべきでした。

まとめ

ここ最近、連敗が続いていますがそれでも資産を増やそうと必死になり過ぎて冷静なトレードが出来ていませんでした。

損失は限定しているので大きな損失にはなりませんが、FX初心者の方が感情でトレードすると間違いなく口座を飛ばしちゃうので

自分の状態を一定に保つ。

そういう意味合いでのメンタルを鍛える。という考えは大切です。

一定に保てないと相場の判断基準がコロコロ変わりトレード自体もブレてしまいます。

良いトレードを繰り返せば自然とお金は稼げるので、確実に狙える部分を取れるようにしていきましょう!

僕自身グダグタですが、この辺りの感覚は経験を積まないと分からない部分なので

「失敗しても大丈夫な資金量」、「損切りにかかっても大丈夫なロット数」

で、トレードするように心がけて下さいね^ ^

少しでも参考になればクリックをよろしくお願いします!そのクリックをが応援になります^ ^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村
]]>
https://fxshuhou.com/challenge-result-202-03-30/feed/ 0