新着記事はここから

10万円チャレンジスタート

2020年2月27日

10万円からですが、リアルトレードでの

  • エントリーのタイミング
  • エントリーの根拠

を公開します。

FX初心者に対して、トレード時に対する僕の考え方が参考になれば!と思いスタートしてみます。

この記事を読むと、

僕の考え方を参考にすることで、FX初心者が

  • 今よりもトレードに根拠を持てる。
  • 今の悩みが解決できる可能性があります。

お見せする以上、「しっかり稼がなきゃ!」と思って普段通りのトレードが出来ないかもしれませんが、そこはご容赦頂ければ幸いです!

少しでも参考になればクリックして応援をお願いします。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

初日のトレード結果

結果は75.9pips獲得しました。1万通貨でトレードしてる方でも+7590円です。100万通貨の人なら+75万円です。

10万円の元手で+2万円なので20%の収益となりました。

結果的にはプラスですが、トレード自体は

  • エントリータイミングが早かった。
  • 普段トレードしない所でトレードしてしまっている。
  • 損切りにかかった後に思惑通りの方向に伸びる。

といったものが多かったです。

今後は結果を意識し過ぎずトレード精度を上げる必要があります。

トレードの根拠

-利益確定になったトレード

大きな下落の後の陽線と、その後の下落を取りました。

-下落後の陽線

トレードの根拠は、

  1. 1時間足で112円台から売られ続けて陰線が続いていた後の陽線を確認。
  2. それを、売りに対する決済注文(買い)と判断。
  3. 15分足でレジサポ転換を確認した後、移動平均線の方向へエントリー。
  4. 伸ばす場面ではないので、ボリンジャーバンド+2σタッチで早々に撤退。

図で表すとこんな感じです。

まずレジスタンスラインを上抜ける事を確認。その後の下落を待ってレジスタンスとサポートの入れ替わりを確認。

なおかつ、移動平均線が上向きなので、すぐに下落する事はほとんど無いので買いエントリー。

これは良く本に書かれているレジサポ転換を利用したトレードです。

今回のエントリーは、本来は上位足が上昇中の場合に行うべきです。いいですか?

※今回流れは売りなので、本来は買いポジションを持つ場面ではないです!注意して下さい。

-その後の下落

トレードの根拠は、

  1. 1時間足ボリンジャーバンドのミドルバンドが下向きの状態。(4時間足も下向きでした。)
  2. 戻り売りを狙う人が多い状況。
  3. 15分足でミドルバンドよりも下でレンジを形成。
  4. そのレンジの下抜けで売りエントリー。
  5. 前回安値の少し手前で確実に利確。

レンジのブレイクアウトも王道のエントリーポイントですが、何でもかんでもブレイクアウトでエントリーしていると『勝率は低い』です。

今回のように『上位足の方向へブレイクアウトしたものだけ。』を狙うようにすると成績が安定します。

結構、遭遇することが多いので覚えておいてくださいね。

-さらに下落

根拠は、

  1. 下落に対する調整波での上昇にダウ理論を当てはめて、押し安値ラインを下抜けたタイミングで売りエントリー。
  2. 下抜けた後に、1.の押し安値ラインで上ヒゲを出しながら反発していたので、下落の可能性が高く、売り増しした。

これも図で示すと、

大きな下落の流れの途中で出てきた一時的な戻し押し安値ライン下抜けたタイミングでエントリー。

今回の場合は、この一時的な戻しがヘッドアンドショルダーズの形になっていて、そのネックライン割れと合わさり伸びやすい所でした。

-損切りになったトレード

エントリーの根拠は、

  1. 大きな流れが上昇中。
  2. 前回下ヒゲで反発したラインで反発。
  3. 反発している場所がミドルバンド。(グランビルの法則)
  4. ミドルバンドが上を向いている。
  5. ミドルバンドより上で価格が推移している。

なので、すんなり上昇すると思い買いエントリー。

実際は、一旦下落してから上昇でした。

見直すと、

  1. ライン際での下ヒゲで買ったので、単純にエントリーが早過ぎた。
  2. 短期的なレンジ幅を考慮出来ていなかったこと。
  3. 大きな流れは上昇だけど、細かなレンジを作りながらジリジリと上昇している相場なので、すんなりと上昇する。と考えない方が良かった。
  4. ライン際での動きをきちんと確認した後の値動きを追いかけて、自分の思っている方向に動こうとしたタイミングを狙う必要があった。

といった事が考えられます。

他にも損切りになったトレードがありますが、

どれも方向感がハッキリする前から早めにエントリーしてしまいました。

頭と尻尾はくれてやる。の格言通りに、きちんと動きを見てから伸びる方向を見極めてエントリーをしていく必要があります。

反省点

トレードを公開する。早く稼いでる所を見せてあげないと!!っていうプレッシャーもありますが、

結果にフォーカスし過ぎている事が反省です。

この10万円チャレンジは、

  • 資金管理をきちんとすれば減らない。
  • 減らさずに少しずつ増えるのが伝われば良い。

という思いで開始したので、

バンバン稼いでいる所を見せたい!

って気持ちを出来るだけ抑えて、冷静にトレード出来るように心掛けます。

面白くないと思いますが、トレードの根拠が揃うまでしっかり待って、少しずつ増やして行けるように頑張ります。

この企画を通じて、FX初心者の方々がトレードに根拠を持ったり、資金管理の重要性やエントリーをためらわないようになっていただければ嬉しいです!!

また、僕自身も初心者の方々にアドバイスする立場として、トレーダーとして成長して行ければと思います。