新着記事はここから

ダウ理論

2019年8月20日

あなたのクリックが応援になります。よろしくお願いします!
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

ダウの基本法則

ダウ理論は値動きの理論で、6つの基本法則から構成されています。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

この中で僕が大切だと感じるのは、

3.主要トレンドは3段階からなる。

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない。

6.「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

の3つです。一つずつ見ていきます。

主要トレンドは3段階からなる。

これには、

  • 先行期
  • 追随期
  • 利食い期

があります。

-先行期

底買いや天井売りをするタイミングで、価格は天井圏や底値圏で推移している。

短期のトレンドを示すもの。

-追随期

価格が伸びるのを確認し追随の注文が入るタイミング。価格はより伸びやすい。

中期のトレンドを示すもの。

-利食い期

価格が伸び切った後、先行投資家が利益確定をするタイミング。価格の伸びが緩やかになっている、

長期のトレンドを示すもの。

トレンドは出来高でも確認されなければならない。

これに関しては、FXでは出来高を確認する事が出来ません。

ですが出来高は、たくさん注文が入っているところの事で、相場の過熱感を表しています。

FXで相場の過熱感を表す物はオシレーターです。

つまり、言い換えるとトレンドはオシレーターでも確認できる。

という事です。

なので、僕はオシレーターも常に表示させて相場の勢いを見るようにしています。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

これは、1度流れが出来るとすぐには止まらない。ということで、

上図の白い線と黄色い線が右上に上がり続け、

安値が切り上がり(白線が段々上がっている。)、

高値更新( 黄線が段々上がっている。 )

が確認できる限り、流れが続きます。

この時に「陽線がしばらく続いているから、そろそろ陰線出るでしょ!売ります!!」みたいな、安易なトレードはせずに、エントリーするなら買いなんです!

明確に反転の兆しが見えるまでは流れが続きます。

でも、「買って下がったら嫌だ」とか、「さすがにそろそろトレンド終わりでしょ。」って考えて、買いで入れない人もいるとは思いますが、下がったとしても、流れが買いなので一気に下がり続ける事はなかなかありません。下がってもまた戻します!

トレンドフォローは「乗り遅れた」と思って、途中からエントリー出来ない人もたくさんいますが、明らかにダウが崩れるまでは、自信を持ってエントリーしましょうね!

ただし、大きな流れと、今のダウの勢いが逆行している場合は、急に相場が反転する場合もあるので気を付けて下さい^^

くれぐれも、高値掴みをしないように「根拠」を持ってトレードしましょうね^ ^