新着記事はここから

ピンバー 結果

2019年10月27日

ピンバーの検証結果について

エントリー・決済について

ポジション量は、エントリー時の損切幅に対して損失が2%になるように設定しています。(総資産が10万円なら、損切が2000円になるように。)

ピンバーはヒゲの長さがローソク足実体の3倍以上のものとして認識しました。

エントリー

長い上ヒゲのピンバーなら、

ピンバーの安値割れで売りエントリー。

長い下ヒゲのピンバーなら、

ピンバーの高値越えで買いエントリー。

決済

買いポジションなら、最高値を付けたローソク足の安値割れで決済。

売りポジションなら、最安値を付けたローソク足の高値越えで決済。

これは、短期的な勢いが無くなってくるタイミングになります。

損切ライン

ヒゲの少し外側に設定。

結果(日足)

検証期間2015.01.01~2019.10.25
通貨ペアドル円
ポジション量 損失が資産の2%になるように
スタート金額約10万円(1000ドル)
合計利益約5万8900円(589.39ドル)
合計損失約3万3600円(336.67ドル)
最大ドローダウン 約1万400円(104.3ドル)
最終利益約2万5200円(252.72ドル)
終了時金額約12万5200円(1252.72ドル )
プロフィットファクター(トータルの期待値) 1.75
エントリー回数 44回
勝ち回数26回
負け回数18回
連続負け回数 5連敗
勝率 59%
総獲得pips1769.7pips

日足ではピンバーがなかなか出ません。

5年近い期間で、トレード数が44回なのでエントリーは月に1回程度。

これだけで「稼ぐ」のは厳しいです。

本では、よくピンバーの紹介がされていますが、利益確定ポイントが明確ではありません。

エントリー回数が少ないため、今回の検証では短期的な勢いが弱まったところで利益確定しました。

使用時の注意点

-メリット

  • ピンバーの形が分かりやすく、「多くの人が認識している」と考えられる。
  • エントリー後、一時的にはほぼ確実に+方向に動く。
  • なので超短期的に利益確定を行えば、ほぼ100%勝てる。

-デメリット

  • よく、ピンバーはトレンド転換のサインと言われるが、「転換せず一時的な戻し」となる場合も多い。
  • 大きくトレンド方向に動いた場合、損切ポイントをうまく設定しておかないと利益を伸ばしにくい。
  • 途中からトレンドに乗れない。
  • 大きい値幅が動く時、ピンバーが出る事が少ないので、利益を出しにくい。

下のチャートを見て下さい。

値幅が約600pips(6円)ありますが、ピンバーが出てないので、ここでは利益を出せません。

日足では出現頻度が少ないので、利益はあまり上げられませんが、出現した時の精度自体は比較的高いです。

ピンバー1本だけで判断せず、「ピンバーが出るまでのローソク足の動き」「ピンバーが出現した場所」を意識できれば更に精度を上げられます。

相場と向き合いましょうね^^