新着記事はここから

FXにおけるリスク管理の必要性

2019年7月10日

FXを始めたばかりの時は、

  • 勝率がめっちゃ高いエントリーポイント
  • どんな相場でも使える手法

を探し求めて、相場と向き合おうともしません。

エントリーすればお金が増えるもの。と思い込んで、損失の事は考えない。

結局、損失を受け入れられずに『気付いたら口座を飛ばしている。』って人が多いです。

この記事を読めば、FXで稼ぐ為に何よりも大切なリスク管理の大切さに気付いていただけます。


↓↓あなたのクリックが応援になります。

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

稼ぐために必要なこと

大きく稼ぐ為には何が必要でしょうか?

  • 運用資金の多さ?
  • メンタル?
  • 環境認識?
  • 完璧なエントリーポイント?

もちろんどれも大切な事で、

  • 運用資金が多いと、たくさんのポジションを持つことが出来るし、証拠金維持率も高くなるので逆行に対して耐える余裕が生まれ、落ち着いて資産を運用することが可能。
  • メンタルが強ければ、目先の値動きに惑わされずトレードに自信を持つ事が出来るかもしれません。(気合だけではどうにもなりませんが)
  • 環境認識がきちんと出来ていれば狙う方向を絞る事が出来るので、より勝率を上げる事が出来ます。
  • エントリーポイントが良ければ、値幅の根元から全て利益に変える事も出来ます。

ですが、

FXで取引をする上で1番大切なのは

間違いなく「リスク管理」です。

実際にトレードをすれば分かると思いますが、リスク管理が出来ていないと

  • 運用資金が多くたくさんポジションを持つことが出来ても、1度の取引で大きく資産を失う可能性があります。
  • メンタルが強くても、みるみる膨れ上がる損失には絶対に耐えられません。
  • 環境認識が出来て勝率を上げる事が出来ても、勝率100%はあり得ません。1度の負けトレードで再起不能になる可能性があります。
  • エントリーポイントが良くても、根拠が無ければ目先の値動きによる金額の変動で決済してしまい、利益を伸ばすことが出来ません。

FXを始めたての僕自身がそうでしたが、知識も技術もないのに

「稼げるという思い込み」をした状態でトレードしていると、ポジションと反対方向にレートが動いても受け入れる事が出来ません。

勝てない人や資産を失くす人のほとんどは損切りが出来ていなかったり、リスクリワードを意識したトレードが全然出来ていません。

そんな人は、損切りせずに レートが戻ることを「祈り」ます。

もしそれで利益を上げてしまった人(当時の僕)は、

いつまでも損切が出来ず、破産します。

「祈る」のは「相場を考えている」のではなく、現実を受け入れられていないだけです。

自分のトレードに根拠を持っていないと損切りは出来ません。

損切りは損失を確定する事では無く、「資産を守る事」です。

勝ちトレー ダーになる為には絶対に必要です。

お金に対する考え方

まず、人には「プロスペクト理論」というものがあります。

プロスペクトは「期待・見通し」という意味なのですが、お金に関しては「お金そのものではなく、お金の変化量に反応する」という現象を指します。

トレードにおいて具体的に言うと、

  • 利益が出ている時は、「利益が手に入らないリスクを回避」するために早く決済してしまう。
  • 損失が出ている時は「損失そのものを回避」するために、損失を受け入れられず損切が出来ない。

という状態になります。

そもそもトレードをする時はスプレッドという手数料が発生するので、マイナスからのスタートになります。

なので余計に「利益確定は早く、損切りは遅く」なり、ますます損失を増やしやすくなります。

そこを乗り越えない限り、資産を増やすことは不可能です。

破産しないためには

バルサラの破産確率表というものがあって、

損益率(ペイオフレシオ)は、リスクリワードと言います。

これは、リスク(損失額)に対するリワード(獲得利益)の比率」の事です。

リスクリワードが1の場合だと、勝率が50%で破産率は50%になるので、常に50%以上の勝率を見込める場合でなければ破産します。

実際はスプレッドが含まれるので、勝率50%でも破産します。

しかもこれは、きちんと損失を確定(損切をする)場合での話です。

損切りしても50%以上で破産するのに、損切りしなければどうなると思いますか?

100%間違いなく破産します。

破産しない為には

  1. 損切りは必ず行う
  2. リスクリワードは最低でも2以上
  3. 勝率が非常に高い所だけを狙う

という事を必ず守って下さい。

リスクリワードの本当の意味

リスクリワードを、もう少し具体的に数字を出して見てみましょう。

-リスクリワードが1:2

勝つときは1万円、負けるときは2万円とします。

勝率が80%

10回で考えると、8勝2敗なので、(1万円×8回)-(2万円×2回)=+4万円

勝率が50%

10回で考えると、5勝5敗なので、(1万円×5回)-(2万円×5回)=-5万円

-リスクリワードが1:1

勝つときは1万円、負けるときも1万円とします。

勝率が80%

10回で考えると、8勝2敗なので、(1万円×8回)-(1万円×2回)=+6万円

勝率が50%

10回で考えると、5勝5敗なので、(1万円×5回)-(1万円×5回)=±0円

-リスクリワードが3:1

勝つときは3万円、負けるときは1万円とします。

勝率が80%

10回で考えると、8勝2敗なので、(3万円×8回)-(1万円×2回)=+22万円

勝率が50%

10回で考えると、5勝5敗なので、(3万円×5回)-(1万円×5回)=+10万円

勝率が30%

10回で考えると、3勝7敗なので、(3万円×3回)-(1万円×7回)=+2万円

-これらを踏まえて

勝率が低くても、リスクリワードが高ければ資産は増えます!!

であれば、勝率を気にせずリワードが高い所をひたすら狙いましょう!!

初心者の内は、早く稼ぎたい気持ちが強く、

  • すぐにポジションを持ってしまう。
  • リワードが低い所でエントリーしてしまう。
  • 一時的に利益が減ったら耐えられず決済してしまう。

でも本当に稼ぎたければ、

  • エントリー回数よりエントリーの精度を上げる。
  • リワードが高い所のみを狙う。
  • 目先の利益に惑わされない。

という事が大切です。

-でも実際は?

リワードが高い所を狙う。それはわかりました。

でも、トレードの時は未来が見えませんよね?

一般的な解説では過去チャートを見せられて、「ここはリスクリワードが高いから、こういう所を狙って下さい。」みたいに言ってますが、

実際はどこまで伸びるかは分かりません。

結局、トレードの時に自分自身で決められるのは、損切ポイントしかありません。

その損切幅を意識した上で、あくまでもリワードが高くなる可能性が高い所を狙うしかありません。

そのためには、エントリーにしっかりとした根拠を持って、

エントリーの根拠が崩れるまでは目先の値動きに惑わされず、ポジションを持ち続けましょう。

もう1度言いますね。

リワードはあくまでも目標値です。必ずその位置まで伸びるわけではありません。

それを理解出来て初めて、資産を増やすための準備が出来ます。

損切りについても、少しでもマイナスになったから損切りするという「損切り貧乏」はダメです。

あなた自身のエントリーの根拠が崩れた所が損切り位置です。

損切りも利益確定も「根拠を持ったトレード」が出来なければ、上手くなりません。

「自分なりの明確な根拠」を持つように心掛けましょうね。

-結局どうしたらいいの?

僕自身は、

『1トレードあたりの損失額を限定』

しています。

これは、資産に対しての損して割合を一定にしています。

損失割合は、基本的に3%ルールでやっています。

勝率やリスクリワードが高くなりやすい事が事前に分かっている場合には、5%の時もあります。

どういうことかと言うと、

10万円で運用してるなら、損切り幅がどれだけ広くても狭くても、1トレードでの損失額が3000円になるようにします。

損切り幅を考慮せず、常に同じlotでトレードして、いつもより損失額が大きくなったら祈りを発動する人が、本当に多いです!

3%は割合としては少ないですが、リスクリワードが3:1のトレードが出来れば1度のトレードで資産の約10%が増えます。

稼ぐ金額の目標は何ですか?

損失額さえきちんと限定すれば、月利10%から20%を安定して稼げない方がおかしいです。(もちろん、基本を徹底出来るレベルまで相場に向き合っている前提で)

2020年の暴落で口座飛ばす人多いですが、損失額を限定していれば、いつもと同じ損失で済むんですよ?

むしろ、乗っかれば利益を伸ばし続けられます。

この感覚を皆さんに分かって欲しい!

1回のトレードで大きく稼ぐんじゃなくて、毎回損失を限定していれば伸ばせる時に一気に稼げます!

どんな時でも生き残る事が何より大切だよ^ ^

↓↓あなたのクリックが応援になります。

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村