新着記事はここから

RSI 結果

2019年11月3日

RSIの買われ過ぎからの「売り」

売られ過ぎからの「買い」

について検証します。

エントリー・決済について

ポジション量は、エントリー時の損切幅に対して損失が2%になるように設定しています。(総資産が10万円なら、損切が2000円になるように。)

-エントリー

RSIの買われ過ぎからの反転で売りエントリー

売られ過ぎからの反転で買いエントリーとします。

-決済

買いポジションなら、買われ過ぎラインからの反転で決済

売りポジションなら、売られ過ぎラインからの反転で決済

-損切ライン

エントリー時の直近高値や、直近安値の少し外側に設定。

結果(日足)

検証期間2015.01.01~2019.10.25
通貨ペアドル円
ポジション量 損失が資産の2%になるように
スタート金額約10万円(1000ドル)
合計利益約6万4200円(642.81ドル)
合計損失約4万1500円(415.0ドル)
最大ドローダウン 約3万円(300.72ドル)
最終利益約2万2700円(227.81ドル)
終了時金額約12万2700円(1227.81ドル )
プロフィットファクター(トータルの期待値) 1.55
エントリー回数 25回
勝ち回数9回
負け回数16回
連続負け回数 8連敗
勝率 36%
総獲得pips2049.2pips

最初の12回は8勝4敗で、資産は1.5倍になりましたが、その後

8連敗

1勝

4連敗

で一気にドローダウンしました。

リスク管理を徹底しているので破産はしていませんが、負けを繰り返すことでヤケを起こしてしまうと、間違いなく破産します。

日足でのトレードは損切り幅が広く、リワードが大きくても利益はわずかです。

大きな資産を持っている人は、資産に対する数%のポジション量で大きく稼げますが、

一般的な個人投資家ではなかなか出来ません。

4時間足や1時間足を基準にトレードする方が、エントリー回数・獲得pipsが多くなるので、小額からでも現実的な運用が出来ます。

使用上の注意点

RSIは買われ過ぎや売られ過ぎを表すものですが、

トレンドが出ている時は

「ずっと買われ過ぎ」、「ずっと売られ過ぎ」の状態になります。

オシレーターを正しく使うためには、まず、

現在の相場がトレンドが出ているか?レンジか?をしっかりと把握したうえで、

どんな相場環境の時の「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」が正しいエントリーのサインになるのか?

これを意識して相場を見てくださいね^^