新着記事はここから

移動平均線(パーフェクトオーダー) 結果

短期・中期・長期の移動平均線が順番に並んだ時に、その方向に沿ったグランビルの法則について検証しました。

エントリー・決済について

ポジション量は、エントリー時の損切幅に対して損失が2%になるように設定しています。(総資産が10万円なら、損切が2000円になるように。)

移動平均線の期間設定は

短期:20

中期:75

長期:200

で検証しました。

-エントリー

買いの場合

チャート上のインジケーターの並び順が

上から

  1. ローソク足
  2. 短期移動平均線
  3. 中期移動平均線
  4. 長期移動平均線

となった後に、

移動平均線での反発や移動平均線の上抜けで買いエントリー。

売りの場合

チャート上のインジケーターの並び順が

下から

  1. ローソク足
  2. 短期移動平均線
  3. 中期移動平均線
  4. 長期移動平均線

となった後に、

移動平均線での反発や移動平均線の下抜けで売りエントリー

-決済

短期移動平均線タッチで。

決済後に、再度グランビルの法則が成立すれば再エントリー。

-損切りライン

短期移動平均線に設定し、ローソク足が確定するたびに短期移動平均線にトレールさせる。

結果

検証期間2018.11.12~2019.11.08
通貨ペアドル円
ポジション量 損失が資産の2%になるように
スタート金額約10万円(1000ドル)
合計利益約12万700円(1207.58ドル)
合計損失約7万6200円(762.74ドル)
最大ドローダウン 約1万7200円(172.01ドル)
最終利益約4万4400円(444.84ドル)
終了時金額約14万4400円( 1444.84ドル )
プロフィットファクター(トータルの期待値) 1.58
エントリー回数 73回
勝ち回数35回
負け回数38回
連続負け回数 6連敗
勝率 48%
総獲得pips486.6pips

まとめ

-メリット

  • 手法が単純で分かりやすい。
  • パーフェクトオーダーが成立している時に、その方向に向かってトレードするだけなので、エントリーする方向に迷いが無くなる。
  • 損切りが明確。
  • 利益確定、損切り後もエントリーが可能。

-デメリット

  • 移動平均線の期間設定にもよりますが、パーフェクトオーダーが成立するまで時間がかかる
  • パーフェクトオーダーが継続する期間もあまり長くないのでトレードのチャンスが比較的少ない。
  • パーフェクトオーダーが完成している状態は、価格が大きく動いた後になるので、高値掴み・安値掴みになりやすい。

上の図のように、トレンドが転換したタイミングの方が短時間に伸びやすく、ストレスの少ないトレードが可能ですが、パーフェクトオーダーの成立を待っていては、その部分を取ることが出来ません。

パーフェクトオーダー手法は、あくまで方向感を見るためだけのものと考えた方が良いです。

その上で、エントリーのタイミングを別の方法で考えた方がスムーズに資金を増やせます!!

パーフェクトオーダーはあくまで、大きな資産で、「資産運用」する程度のものと考えましょう!!