新着記事はここから

資産運用EXPO開催!TradingView(トレーディングビュー)は控えめに言って最高!!

この記事に書いてあること
・資産運用EXPOって?
・TradingViewって?
・TradingViewの良さ
・使い勝手
・Kouの使い方
この記事で解決できること
・資産運用EXPOについて分かる
・TradingViewについて分かる
・他のチャートツールと何が違うか分かる
・TradingViewの魅力が分かる

資産運用EXPOって?

資産運用EXPOは日本最大の展示会主催会社である、RX Japanが、東京で春夏・大阪で年3回開催している、

日本最大級の投資商品の総合展になります。

今回は2022年1月14(金)〜16(日)に東京ビッグサイトで開催されました。

↓↓

●投資信託、NISA、ETFなどの金融資産。

●投資用マンション・アパート、投資用太陽光発電、駐車場などの不動産投資。

●保険、ローン、固定費に関する商品サービスなどの、家計の見直し。

●教材、情報誌、投資コンサルティングなどのマネースクール。

などなど、お金に関する知識がめっちゃ深められます。

しかも、展示だけではなく、投資トレンドや投資最新手法などのセミナーも同時開催されています。

しかもしかも、セミナーには有名人の方々が登壇され、その方々を見るためだけに来場してもいいぐらいです!!

例えば、

トレイダーズ証券株式会社の代表取締役である、井口さん。

↓↓

株主優待で生活をされている桐谷さん!

↓↓

TVにもよく出られている岸先生。

↓↓

小次郎講師の名前で有名なテクニカルアナリストの手塚さん。

↓↓

他にもカリスマ投資家のテスタさんと、芸能界でも活動されていた井村さんの対談も。

↓↓

有名な方が多く。セミナーも激アツです!!!

井口さんの講演について。

今回はトレイダーズ証券の井口さんの公演について簡単にですがご紹介します。登壇の写真は撮影NGのため写真がないですが、開始前はこんな感じ。

↓↓

勝ち続けると投資家と負け組との違いについてまとめていて、

①生き残るためには損切りを徹底し、損失と向き合うこと。

エントリーする時点でトレーダーが決められるのは損切りだけ。損切りを軽く考えると、

何となく損切りしたり、損切りができず、一気に資産を無くしたりします。

損切りを置く場所は

  • 水平線(サポートラインを割ったら損切りなど)
  • インジケーターによるサイン(クロスで損切りなど)
  • キリ番などの心理的な節目
  • ファンダメンタルズの変化で撤退
  • 固定pips

など色々ありますが、

大切なのは、常に同じ基準で損切りラインを設定することです。

きちんと損切りのルールを設定することで、生き残ることができます。

ポジションを制するものがマーケットを制する

ポジションを知る方法には、トレーダーズ証券が提供している、

価格分布ツールのポジションブックを見れば、各通貨のポジションのバランスをチェックできます。

買いポジションか売りポジションか?

どの価格でポジションを立てているかが分かります。

他にも、シカゴIMM通貨先物ポジションを見ればポジションのチェックが可能です。

でもポジションの偏りを知って、反対ポジションを建てたら全く利益にならず損失が膨らんだり、

だからといって、ポジションの多い方に乗っかったら逆行してませんか?

大切なのは、より上位足の相場環境がどうなっているか?です。

例えば、

日足がレンジ。

日足の前回高値付近まで価格が来ている。(目の前にレジスタンスラインがある)

買いポジションに偏っている場合、陰線が出始めると決済(売り)が入る可能性が高まってくる。

逆に、

上位足がトレンドなら、ポジションが偏っている方にポジションを建てると、素直に流れに乗れる可能性が出てきます。

このように単に偏っているから。という理由で逆ポジションを建てたり、強い方のポジションを建ててもうまくいきません。

より大きな流れの方向感を見ながら偏りを意識しましょう。

ファンダメンタルズ分析の王道は金利動向

ファンダメンタルズ分析で見るべき指標について。

  1. 政策金利
  2. 雇用統計
  3. GDP
  4. 物価指数

見入るべき範囲は広いですが、特に見るのは政策金利です。

金利が上がればその通貨が上がり、景気が上向きになり、インフレになる。これによってさらに金利も上昇していく。という景気のサイクルを覚えましょう!

最後に。FXに近道なし。

これはマジでそうです。勉強して知識をつけても、実践していかないと経験値は蓄積されません。

ダラダラ回数を重ねても意味はありません。

成長したいなら常に一定の判断基準で損切りと向き合いながら、正しく経験を積み重ねるしかありません。

簡単な方法に振り回されず自分を磨いていきましょう!!

TradingViewって?

今回、トレイダーズ証券のブースでTradingViewが出展されていました。アンケートに答えたり来場者特典でキットカットを提供していました。

こういうの結構好きです。

TradingViewは、米国シカゴに本社を置くTradingView Inc.が開発している高機能チャートになります。

日本でも多くのトレーダーが使っていて評価も高いです。

TradingViewは、

本当に高機能です。

国内のFX会社さんは、独自のチャートソフト、アプリがあり、

FX会社によって全然違います。

  • インジケーターの種類
  • インジケーターの表示できる数
  • インジケーターの設定期間
  • デフォルトのローソク足の色
  • 縦軸の表示サイズ
  • 表示できるローソク足の本数
  • 注文画面の違い
  • 1注文あたりの最大lot数

など、見た目も違うし、使い勝手も違います。

有名どころのFX会社でもあなたに合わない可能性があります。

TradingViewは他のチャートアプリとどう違う?

インジケーターの種類、描画ツールが多い!!

テクニカル分析をするためには、水平線を引いたり、トレンドラインを引いたり、チャネルラインを引いたり、フィボナッチを使ったり。

などをしますが、FX会社独自のチャートツールでは、使えないものもあります!!

TradingViewならインジケーターが80種類以上!!

↓↓

描画ツールも豊富!!

↓↓

直感的に使える!!

画面の表示がシンプルなので、使い方をネットで調べたりしなくても感覚的に使えます。

トレードをする時に、操作性が悪いのはめちゃくちゃストレスになります。なので、ストレスフリーにテクニカル分析できるのは良いですよ。これ大事です!

↓↓

見やすくないですか??

もちろん、

  • インジケーターの設定
  • チャートの表示色
  • ラインの太さ・色

などのテンプレート保存も当たり前のように出来ます。

また、基本的な使い方は、

TradingViewエヴァンジェリストの法島さん(現役ディーラー)が解説して下さっています。

↓↓

Kouのおすすめポイント!!

僕がTradingViewを使う時のマジでおすすめポイントを紹介します!!!!!

描画ツールの中にある

「ブラシ」

↓↓

このブラシを使えば、

リアルに動いているチャート上に手書きで線を書けます!!!

ざっくりですが、こんな感じ。

↓↓

えっ?これだけ?

って感じるかもしれませんが、

リアルに動いているチャートに対して、自分の考え方をリアルタイムで反映できます!!

FX初心者の方々がやりがちですが、

ラインを引くことで『テクニカル分析をしているつもり』になっています。

でもこのブラシ機能を使って考えながら線を書き込む事で、改めて、

「自分はどのサイズのチャートパターンを認識しているんだろう。」

「このレンジを上位足で見るとどう見えるんだろう。」

「自分が引こうと思ったラインは他の人も見てるのかな?」

など、

アウトプットする事で、相場を客観視できて、頭の中を整理できます。

アウトプットを出来ている人は、チャートの画像のスクリーンショットを撮って、その画像に書き込んだりしますが、

手間がかかるので継続しにくくなってしまいます。

継続する。という点でもこのブラシ機能はマジでおすすめです。

毎回トレードする前にこの機能を使って頭の中を整理すると、

  • 今がどんな相場環境か?
  • どの部分を狙おうとしているのか?
  • エントリーの根拠は何か?
  • その根拠を別の時間軸で見るとどう認識されるか?

などを自然と考えられるようになり、

トレードの成績が改善されて行きます。ブラシ機能は地味に見えるかもしれませんが、

ほんっとにおすすめです!!

トレイダーズ証券が提供しているので、

  • みんなのFX
  • LIGHT FX

で使えます。しかも有料機能も無料なのでおすすめですよ。

シンプルで感覚的に使いやすいTradingViewを使って、トレードスキルを磨いて行きましょうね。

では、また次の記事でお会いしましょう。