新着記事はここから

指標発表でのトレードについて

2019年11月22日

指標発表でトレードをすべきか

指標発表時のトレードをどうするか?

という質問を頂きました!ありがとうございます!

僕は重要な指標発表時に、それまでのチャートの流れから自分がエントリーしたい方向にレートが伸びれば損切り幅を狭くしエントリーします。

ただし、発表のすぐ直後はスプレッドが広がりますので、飛び乗る場合は資金管理を徹底して下さい。

自分の考えとレートの動きが逆向きの場合や、チャートから動きが読みにくい場合についてはエントリーせず、チャンスが来るまで待ちます!

なぜチャートの動きを意識するか?

チャートには、全ての取引結果が形として残っています。

例えば長いヒゲの先は、実際にそこで高値掴みや安値掴みした人がいるという事実が残ります

全ての結果が残る。

つまり、

ファンダメンタル分析をしている人とテクニカル分析をしているの両方の売買が残っています。

なので、指標発表前に安値を切り上げ続けていたり、上値が重たくなってきていたり、様々な思惑が目に見えてきます。

ですので、僕はその動きを分析しながら、その後の値動きを予測し、方向感が合っていれば迷わずエントリーをしていきます。

ただし、指標発表時は値動きが激しくなりがちなので、損切り幅が少し広めになるので、その分ポジション量は減らしています。

テクニカル分析は機能するか?

機能することは多いですが、必ずでは無いので思い込みはやめて、予想と違う場合は見送ります。

ファンダメンタルズ分析は、「織り込み済み」というものがあります。

これは、例えば重要な発表時に、

「利上げします!」

「じゃあ上がるだろう!買います!」

ではダメです。

発表前に、利上げしそうだから上がるだろう!と予想がされているのであれば、

指標発表までにその方向に動いている事があります。

なので発表時には、

「予想と特に変わりないな」

「すでに価格は動いてしまってるし、手じまいしとこう!」

となって、発表内容としては良い内容でも、予想通りの発表なので大した反応を得られず、値動きがほとんどしない事があります。

これが織り込み済みというものです。

重要な発表がある場合は、しっかりそれまでの値動きを良く見て

皆がどっちの方向に向かおうとしているのか?を見極めて下さい!!

発表で大きく動く場合

  1. 様々な予想が飛び交い、結局どうなりそう?かが分からない場合。
  2. 予想と結果が大きく異なる場合。

どちらの場合も急激な値動きになります。

これまでの値動きが一気に反転する場合もあるので、慌てず発表後の値動きをしっかり意識しましょう!!

その上で、エントリーするだけの根拠が整えばエントリーするようにして下さい!!

何があっても、

目の前の急な値動きに対して、「もったいないから」

という理由でエントリーしないで下さい!

どんな時でも、

  • エントリーするだけの価値があるか?
  • エントリーするなら根拠はあるか?

を必ず意識して下さいねー^^