新着記事はここから

レンジ相場ではどう戦えばいい?

この記事に書いてあること

・レンジ相場でトレードする時の注意点
・レンジ相場のエントリー方法

この記事で解決できること

・レンジの認識が良く分からない
・レンジでは良く負ける
・往復ビンタされる
・利益を積み上げたのにトレンドの発生で全部飛ばす

この記事ではレンジ相場でトレードする場合に気をつける事やエントリーのタイミングについてまとめています。

  • レンジ相場で勝てない方
  • 利益を上げていたのにトレンドの発生時に負ける方
  • 勝ったり負けたりで利益が残らない方

といった方々は是非読み進めて下さいね。

あなたのクリックが応援になります。バナーを押すだけで大丈夫です。
記事を読む前に押してね^^
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村

レンジの認識について

まずは次のチャートを見て下さい。

↓↓

日足

↓↓

4時間足で見ると

↓↓

1時間足で見ると

↓↓

15分足で見ると

これらのチャートでどこをレンジと見ますか?

もう1回、各時間足で見ます。

↓↓

日足

↓↓

4時間足

↓↓

1時間足

↓↓

15分足

このように、1つの時間足のチャートしか見なくても

ある程度は『他の時間足でのレンジの認識』がどうなっているのか?

を読み取る事が出来ます。

ただ、各時間のレンジの認識が出来てもトレードに使えなければ利益は得られませんね。

続いて、

レンジ相場でのエントリーを狙う場所やタイミングについて書いていきます。

エントリーを狙っていく場所は?

↓↓

今回は1時間足チャートで見ていきます。

1時間足がダウ理論で上目線の状態で、

  • 1時間足レンジ下限で反発
  • 15分足のレンジでも下限で反発
  • さらに5分足もレンジ下限で反発

こうなってくると、レンジの下限(サポートライン)が強く、再上昇すると判断する方が良い。

この状態で5分足レンジ上方向ブレイクでエントリーしていく。

ただし、15分足のレンジ上限がすぐ近くにあるので、そこでの反発も意識しておくべきですが、

上位足の目線は上です。

なので、15分足のレンジ上限で何度か反発しても、

サポートライン(各時間足のレンジ下限が揃っているライン)を下抜けない限り上へ行く可能性が非常に高くなる場所です。

レンジ相場の時にいつ逆行するんだろう?ってびくびくしながらポジションを持ち続る必要はありません。

上位足の方向に沿っているなら気にせず持ち続ければ大丈夫です。

少しエントリーポイントが悪くても、方向が合っていれば相場が助けてくれるので。

どんな時でも、

上位足の方向を必ず考えて、その方向へ向きが揃う所を狙う習慣を付けて下さい。

トレンドだろうがレンジだろうが、狙い方は同じです。

目先のお金ばかりに目をやらず、本質を理解して考え方を学んでいきましょう!!

参考になれば応援をお願いします。バナーを押すだけで大丈夫です。
↓↓

オリジナル手法ランキング


↓↓こっちもありがとう。
にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村